ハイテク自主公演

一昨年の地区大会敗退の作品。
作品に惚れ込んだ部員たちが1年間基礎練習を積んで、読み込みも重ねて、「これだけやったんだから、この芝居に挑める」と、まさに満を持しての大会でした。でも負けました。

悔しさのあまり、自主公演を組みました。
3ステージやって、合計150人くらいの方に見ていただきました。

今までやった芝居の中で一番楽しかった芝居です。
やりたい脚本を、評価など気にせずに、自分たちの今出せる力すべて出し切って演じた舞台でした。

あんな芝居がやりたいな。

たぶん、気持ちのいいセックスに似てるんだろうと思います。
高まって高まって高まって、ぱぁん、とはじけるような感覚。

競ったり争ったり評価を気にしたりするのはイヤだな。本末転倒だな。


…自主公演があまりに気持ちよすぎて、そのメンバーが引退した年は腑抜けみたいになって、演劇部崩壊の危機までいってしまったことはナイショ(苦笑)
[PR]
by sei_97 | 2006-10-13 23:25 | 芝居
<< 体脂肪計 舞監会議 >>