いじめを楽しめ

何でこういたましい事件が頻発するのかと思います。特に福岡の事件は学校の対応のひどさが露見して、ほんとにイヤになります。

「2ちゃんねる」をチェックしていると、ほとんどが感情的で画一的な学校叩き・公務員叩きでしたが、最初ごろにたった2行だけ、こんな書き込みがありました。

   いじめを楽しめ。
   悪口は褒め言葉。

一瞬ギクっとしましたが、すぐに、このメッセージはいじめられている子に向けられたものだとわかり、胸が熱くなりました。

「そんなことができれば死ななくて済むんだよ!」
と思うかもしれません。きっと思うでしょう。

そうなんです。

こんなことを思うことができれば、死ななくて済むんです。

この書き込みは、きっとかつていじめられていた人が書いたものだと思います。私と同じニオイがするからです。

いじめられて、死の手前まで思い詰めて、それでも生き延びた人が書いたものだと思います。

トイレ掃除の時に頭から水をかけられました。びしょ濡れで教室に戻ったら「便所に落ちた」と言いふらされていました。「菌」「くさい」「近寄るな」「うつる」…。机の中のものは、教科書だろうがカーディガンだろうが体操服だろうが、全部引っ張り出されて踏まれていました。

死のうと思いました。
真剣に。

「今、死んだり学校に行かなくなったりしたら負けやで」
「そんなことしていじめた子らを喜ばすんか?」
親の言葉にすがりました。(親との絶対的な信頼関係があったからすがることもできたんだとは思いますが)

「負けたくない」「あいつらを喜ばせたくない」
その一念で中学校の3年間を過ごしました。

今でも、私をいじめていた子たちが、私を殺しに来る夢を見ます。

それでも生き延びてきました。
だから私は今、幸せです。
生きなきゃだめなんです。
死んだらだめなんです。

   いじめを楽しめ。
   悪口は褒め言葉。

無理を承知で私も同じ言葉を伝えたい。こんな、できそうにもないことを繰り返しつぶやいて、自分を騙しながらでも生き延びて欲しい。

同時に、憂さ晴らしとして人をいじめる人たち、傍観者という名の共犯者たちは、少しでも他人の思いを汲もうとしてください。それは想像力です。

その程度の想像力も持たない人間は、

 殺人者になる前に

         死んでください。
[PR]
by sei_97 | 2006-10-17 23:52 | 教育とか社会とか
<< おひぃさんは偉大 脳みそのばかぁー(まだ続く) >>