牛が好き

自己紹介にも書いてますが、牛が好きです。
子どもの頃から好きだったらしい。
牛を見ると駆け寄って「もぉぉ~もぉぉ~」と呼びかけてたらしい。

前世はたぶん牛だったんだろう。

高校時代、学校から少し離れたところに牛を飼っている家があって、
家からは逆方向だったけどよく牛に会いに行ってました。

まず本屋に寄って立ち読みして、それから牛のところへ。
牛は「なんだぁぁ?」ってな顔して、口をもごもごさせながらこっちを見ます。
「こんにちは。また来たよ」
なんて牛に話しかけたりしながら。

「牛の眼は悟りだよなぁ」

当時の私は仏教マニアだったので、そんなことを考えたりもしてました。
今で言えば「癒される」って感じ。
夕暮れになるまでぼーーーっと柵に寄りかかって牛を眺めてました。

『花の好きなうし』という絵本が大好きでした。
闘牛なんだけど、闘うよりも花を見てるのが大好きっていう牛で、闘牛場に引っぱり出されたんだけど、闘牛場の真ん中に小さな花が咲いてるのを見つけて、ついつい座り込んで花を眺めてたものだから試合にならなくて、結局闘牛はクビになって、田舎の牧場に連れて行かれるんだけど、本人はいたくご満悦。って話だったと思う。

私もあの牛と同じかもしれない。

e0099547_22103590.jpg


ちなみに、この牛はまだ生まれて1か月ばかりの赤ちゃんで、草もあまり食べません。脚なんかも細くてふらふらしてて。

口元に手を持っていったら、お母さん牛のおっぱいと間違えてちゅうちゅう吸われてしまいました。かわぃぃぃぃ!!

(もちろん、ウチで飼ってるわけではないです)

いつか、牛と、大きな犬と一緒に暮らしたいなぁ。
一日中日なたぼっこしながらぼーーーっとしてるの。


…疲れてるのかなぁ(-_-;)
[PR]
by sei_97 | 2006-10-25 22:13 | つれづれ
<< バラの香りのオヤヂ 11月の予定 >>