長いぞこりゃ

Taumata
whakatangihangakoauauotamateapokaiwhenuakitanatahu

タウマタ
ファカタンギハンガコアウアウオタマテアトゥリプカカピキマウンガホロヌクポカイフェヌアキタナタフ

世界で一番長い地名だそうです。
たまたま見つけました。
ニュージーランドの地名で、マウリ語なんだそうです。

ニュージーランドから来てる人に聞いてみたら(もちろん発音も何もできないから、これをプリントアウトして見せたのですが)、

「ドシテ シッテマスカ?」

と驚かれました^^

「あ、え、っと、インターネットで、しらべました」

外国の人としゃべろうとすると、普段以上に口下手になってしまって、なぜか日本語がカタコトになってしまう私でした(苦笑)

「ソレハ イミハ タマテア ハ ヒトノ ナマエ デス。コイビトニ フエヲ フイテアゲタ バショト イウ イミノ  モットモット ナガイ イミガ アリマス。 マウリノ コトバデス」

と教えてくれました。

全然わかんなかったけど、何となく大意のみ汲んで

「ロマンティックなんですねー」

と相づちを打ちながら愛想笑いだけしてひきさがりましたorz

で、今意味を検索してみたのですが、

「タマテアという名の膝の大きな男がいて、山を滑ったり登ったり飲み込んだりしていたので、山食い男として知られていたが、そのタマテアが愛する人のためにフルートを演奏したところ」

という意味なんだそうです。

うーん…「山を滑ったり登ったり」はわかるが、「飲み込んだり」って…。スケールでかすぎ。しかもそんな大男が「フルート」って…。

ロマンティックなんだかアクロバティックなんだかよくわからないぞ。

e0099547_2152464.jpg

[PR]
by sei_97 | 2006-10-31 21:50 | ことば・本
<< 通勤風景 ヘコんだ時 >>