奈良だぁ!(その4)

もう一つどうしても書いておきたいのがお土産のこと。
父に「なすの奈良漬を買ってこい」と言われていたので、近鉄奈良駅近くの商店街で一番眼につく大きな店構えの奈良漬屋さんに入ってみました。

と、これが老舗。
いきなり赤ちゃんのように肌つやがよくてきめの細かい顔のおじいさん(80歳でした)が、「ウチの奈良漬は…」と語りはじめたのですが、聞いてみるとほんとにホンモノの奈良漬屋さんで。まあ一言で言うと「純正奈良漬」という「純正」のコトバを使えるのは、公正取引委員会に認められてるウチの店のものだけだ、と。

「なすの奈良漬が欲しい」というと、「なすだけ食べてもらったら本物の味がわからないから、もし余裕があったら、ウリとキュウリと、その後になすを食べてくれ」と実に真剣にお願いされて(それが「売らんかな」の口調でなくほんとに「美味しく食べて欲しいから」という顔と口調で)。

製品に至るまでの手間(何度も酒粕を取り替えて、とことんアクと水分を抜くんだとか、酒粕は奈良の酒はあまりよくないから灘の酒の一番搾りの粕を買ってくるんだとか)をいろいろ教えてもらって…はい、全部買いました。

ウリが4年物、キュウリが9年物、スイカが10年物、なすが6年物。どれも真っ黒。

で、今帰って切ってちょっとだけ食べてみたんですが、いやこれが本物ですわ。こんな美味しい漬け物食べたことない。すごいとしか言いようがない。

おじいさんの肌つやについても訊いてみたんですが、「いつも発酵してるモンの中におるからですかなあ」と笑っておられました。ほんとに赤ちゃんみたいにきれいな肌なんです。

食べてみて、さもありなん、と思いました。

今西本店というお店です。
もし奈良に行かれる機会があれば、買ってみてください。ほんとにすごいから。
宣伝費とかもらってるわけじゃないんです。O型は自分が惚れ込んだら熱烈に人に勧めるんです(笑)
[PR]
by sei_97 | 2006-11-05 00:07 |
<< ぼけぼけ 奈良だぁ!(その3) >>