県大会終了

入賞ならず。
ってか、地区大会の方が出来がよかったかもという事実は伏せておく(笑)

やっぱ、場が大きいと緊張しちゃうんでしょうね。
走っちゃってました。客ちょっぴり置いてけぼり感あり。
気がついたら終わってた、みたいな。

うーん、残念だったなぁ。

しかも、高校演劇顧問のOBであるところの審査員(←関係代名詞w)には「観念的な台本」と言われてしまったし…。

でも、嬉しかったのは、もう1人の審査員であるところのプロの劇団の役者さん(←関係代名詞w)に、「美しい芝居だった」「エンディングが美しかった」「ことばが美しかった」と、とにかく「美しい」を何度も言ってもらえたこと。

目指したところが「うつくしくてかなしい」お話だったんだから、これは最大級の賛辞として受け取れると思います。脚本兼演出兼主演も大満足。だからまあよかったよかった。

一つ芝居が終わったら、タマシイが抜けたみたいになってしまうです。
今回はそんなに噛んでなかったから、抜けようもそんなにひどくはないんだけど、もともとかなり激しくウツ入ってたんで、やっぱり抜けてます。はふ。

…仕事やめたい…(←こればっか)
[PR]
by sei_97 | 2006-11-12 22:26 | 芝居
<< 校長の自殺 ネタがない(^^; >>