芝居

なんでこんなに惹かれるのかわからない。
よくよく思い出してみると、小学校4年生の時、初めて入ったクラブ活動が「演劇クラブ」でした。メンバーとそりが合わなくて、翌年は「読書クラブ」に鞍替えしたんですが(笑)

ネットをうろついていると、芝居好きな人が案外多いことにあらためて驚いたりします。観るのはもちろん、創る人も結構多いんですよね。

割に合わないと思います。
長い時間かけてコツコツ創り上げて、長くても2時間前後で終わってしまう。高校演劇だと1時間。その1時間のために何か月も練習したり、基礎練習とかいって体鍛えたり。

歌番組観てる時も、照明の当て方やステージの作り方が気になってしまったり、ぼーっとしてるときに「こんなラストシーンきれいじゃないかな」なんてふと思ってしまったり。

転勤するたびに芝居とかかわるのはやめようと思うのに、気づいたら演劇部立ち上げてたり。

取り憑かれてるとしか言いようがないのかもしれない。

私には自己表現の手段としては、20年来続けてる「短歌」というものがあって、それだけで充分なはずなのに、やっぱりホールに入るとわくわくしてしまったりする。

今、芝居にかかわってる人たちもみんなこんな感じで「取り憑かれてる」んだろうな、と思う。
ゼニにもならないのにね。
[PR]
by sei_97 | 2006-11-15 22:18 | 芝居
<< 泣く 夢の遊眠社 >>