李方子

フジテレビのドラマを見たわけですが(笑)

方子さんが亡くなった時にウチの親なんかが「あー、とうとう死にはったんやねぇ」と感慨深そうに言ってたのを思い出して見てみました。

もちろん、岡田准一が主演だったので見たというのもあるんですけど(爆)

いやー、長ったらしいドラマだった。
途中で風呂入ったりしてもストーリーについて行けた(笑)

でも、知識として中途半端だった李氏朝鮮の最後あたりが何となくわかったし、そのあとWikiで確認したのでいろいろ納得いきましてございまする。

重いね、戦争がらみは。
嫌いなんだけどね、重いし取り返しはつかないし、日本人であることを恥じるしかないから。

中国だのコリアだのに対して反感を持ってる人もたくさんいるけど、やっぱり「現在」だけ見てたんじゃ話はこじれるばかりだと思う。

「無知は罪」

これはやっぱり真理だと思う。

さてさて、難しいことは抜きにして。
岡田准一はいい役者だねぇ。
表情がいい。目力がある。
役者は目で語れなきゃウソだね。
方子役(敢えて名前は言わないけど…検索とかでかかって文句言われるといやだから(笑))の下手くそさが際立つ。目力ないし、語りは下手だし、王女なのに気品もないし。他に使える役者はいないのかな。

いやいや、そうじゃなくて、岡田准一がいいって話(笑)
なかなか年取った役なんか若いもんにはできないんだけど、ちゃんと演じてるのが大したもんだ。どんな役でもこなせるんじゃないかな。

本を読むのが好きだという話を聞いたことがあるけど、やっぱり読書は人間をつくるんだと確信しますね、ああいういい演技見てると。

本読もうぜ、みんな(誰?)
[PR]
by sei_97 | 2006-11-24 23:21 | テレビとか
<< せんの ちょっと回復? >>