ボクシング

七苺さんのブログ、リンク貼らせていただきました。
遅くなってごめんなさいm(。_。)m


さてさて、亀田興毅が判定勝ちで、初防衛。

という言い方だけしかわからなくて、まあ試合見ててもどのパンチが入ったのか効いたのかすらわからないド素人なわけですが、今日も見ました。

亀田興毅キライじゃないんですよ。
一生懸命やってるのが。

だから前回も見てました。
あれ以降のバッシングはほんとに可哀相だなと思ってたし、だから今回は本当に良かったねと。

何度も言いますが、ボクシングの何たるかなんか全然わかってないです。
コーナーに帰った時に

「うぁ!口から何か出してる!」

ってビビったのもつい数年前ですから(笑)←マウスピースっていうんですね(^^;


なんつーのかな。
たぶん勉強もそんなにできなくて、顔もいい方じゃないし、どっからどう見てもその辺でバイクぶいぶい言わせてるタイプの子じゃないですか。
それが、唯一打ち込めるもの見つけて、それにすべてを懸けて一生懸命やってるっていうのが可愛くて仕方ないんです。

しかも長男。
一番上の子は親の期待も大きいし、かといって親はまだ子育て慣れてないから試作品なんですよね。親も子も必死で頑張らなきゃいけないんです。しかも「お兄ちゃん」っていう責任感みたいなものもあるし。弱音吐けないんですよ、長子は。

「となりのトトロ」で、さつきはいつも一生懸命強がってたでしょ。あれを彷彿とするんです。
トトロの胸にしがみついて、
「どうすればいいかわからないの!」って泣くでしょ。
あの切なさを感じるんです。亀田興毅に。

だから、興毅がお父ちゃんのこと口にしたとたんに泣いてしゃべれなくなったのもよくわかるし。

ああ、かわいいなあ、と。
つらかっただろうなぁ、と。

よく頑張ったね、って言ってあげればいいじゃないの、と思うんです。

繰り返しますが、ボクシング自体は全然わかりません。
感情の部分での話です。
[PR]
by sei_97 | 2006-12-20 22:06 | テレビとか
<< テレビっ子 昨日の話 >>