機を見るに敏なり

雑談の中でふとこんなコトバを思い出しまして。

「機を見るに敏なり」


かっこいいよなぁ、と。

こんな人になりたいなぁ、と。


でも、雑談してた相手が
「それって砕いて言うと『鼻が利く』ってことと同義じゃない?」
っていうんですわ。


「鼻が利く」っていうと小狡い感じがしてイヤですわよね。


ということで、出典が気になったので探してみました。

ぐぐってみたんですが、何と使われ方は「鼻が利く」と近いものがかなり多かったです。
しかも出典がわからない。


久しぶりに『広辞苑』さんにご登場願いまして、調べてみました。



ありませんでした。



「機に臨んで変に応ず(=臨機応変)」
「機を見て法を説く」

それだけ。


あらら???

これってただの慣用的な言い回しだったのね。
という今日は日本語のお勉強の巻。(小一時間かかりました(苦笑))


ついでに、あんまりカッコ良くないのかな、と認識も改めました(^^;
[PR]
by sei_97 | 2007-01-28 22:45 | ことば・本
<< 価値観その2 食器棚のお片づけ >>