筋肉が喜ぶ

「筋肉番付」の芸能人版みたいな番組見てました。

私、跳び箱も馬跳びも、一回も飛んだことないんです(-_-;)

小学校の時、先生が地面にうずくまって「これなら跳べるやろ、跳んでみ」って言ってくれたんだけど、その時は、先生にそんな格好までさせて…っていう申し訳なさに足がすくんで、なおさら跳べませんでした(笑)

馬跳びは友だちどうしで遊ぶときによくやってたけど、私は、馬の背中に手をついて横をすり抜けるだけで「跳んだこと」にしてもらってました(お姫様扱い(爆))

元体操部だったっていう友だちが、
「一度跳べたら、筋肉が喜ぶんだよ」
って言いました。

筋肉が喜ぶ。

私はいつも脳みそ先行だから、筋肉を喜ばせてやったことなんかないよな、と思いました。

室伏がハンマー投げて「ぐおおおおお!!!」って叫ぶとか、今日の番組でわっきーがラストに「わああああ!!!」って叫んでるとか、あれって、喜んでる筋肉が発する声なんだな、と思いました。あの叫びにはいつも感動します。感動するってことは、たぶんダイレクトに心に響いてくる叫びなんだろうし、ということは、頭(脳みそ)経由の叫びではないんだろうなと思います。

動物の雄叫びのようなもの。
そして、それをキャッチするこちらも、動物的な部分で共鳴している。

筋肉を喜ばせる。

物心ついてから一度もそんな経験ないよな、と思って少し自分の脳みそが疎ましくなりました(苦笑)

でも、この歳になっては、もはや筋肉さんとそんなに仲良くはできないだろうから、筋肉を喜ばせるのは来世かな、なんて思ったり。
[PR]
by sei_97 | 2007-03-30 23:38 | テレビとか
<< うぁ3月が終わる… うさぎの食べ物 >>