「美しい国」づくり企画会議とやら

もういい加減にしてくれ。
「美しい自分探しの旅」だと!?

虫酸がはしる。
「自分探し」だけでもゾゾッとするのに、それに「美しい」がくっつくと、さらに10倍増しで気持ち悪い。

「美しい」って何だよ一体。
基準はどこにあるんだよ。
そんな漠然とした、抽象的なことばで何が語れるというのか。

「美しい」の基準はない。
ないということを前提に語るのなら良し。
基準を作るとか、既成の何らかの基準を当てはめようとするなら、頼むからやめてくれ。


こないだ会ったオタクまっしぐらの甥っ子に、岡本太郎カードを1枚ひかせたのよ。

あ、岡本太郎カードってのは、こないだ本屋で買った岡本太郎ムックみたいな本についてたおまけみたいなもので、こんなの。
e0099547_23564933.jpg


裏返しにして一枚引いて、それが今日の太郎さんのお言葉、みたいな使い方をしてるんだけど、んで、その甥っ子が引いたカードが、

「余計なことを考えるな きみは本当は激しく生きたいんだよ」

って書いてあったのね。で、甥っ子に、「余計なこと」ってなんだと思う?って聞いたら、自分が大好きで大切にしてるマンガを指さすのよ。すごく辛そうに。

「ほんとにこれが『余計なこと』?」と重ねて聞くと、小さく首を横に振った。当たり前じゃんね。自分が大切にしてるものが「余計なこと」のはずがない。

だけど、そういう行動を取らざるを得なかった彼の、内なる基準は、学校や社会から押しつけられた「マンガなんか余計なこと」っていう基準なのよ。

「美しい」の基準を決めてしまうと、悲惨な将来が待ってるだけ。「美しい」から疎外されたこどもたちは歪むしかない。それで日本が本当に「美しく」なるのか?絶対ならねぇ。

価値観は人それぞれ違う。
「美しい」の価値観だって人それぞれ違う。

政治家は現実をきちんと見据えて、現実をこなしていってくれ。
わけのわからないことをやらなくていい。
頼むからやめて。
これ以上壊さないで欲しい。人間を。日本を。
[PR]
by sei_97 | 2007-04-05 00:03 | 教育とか社会とか
<< トラバ 雪でした >>