熾烈な争奪戦

庭で焼肉大会。

準備段階からカラスが2羽交替で偵察に来る。

前回は肉を数パック用意してた中の一番高価なヤツを、ほんの少し目を離した隙に持って行かれたんで、今回は一人肉守備要員を配備。

庭の柵の中に離してもらった犬くんは、忠犬ハチ公の如くお行儀良くおすわりの姿勢なれど、目が「肉…ください…」と訴えてる。

肉焼き要員の弟はすごい勢いで焼けた肉を配る。

贅沢なのに修羅場(^^;)

犬くんは、骨にありついて懸命に食べてます。

e0099547_1312768.jpg

[PR]
by sei_97 | 2007-05-05 13:12 | つれづれ
<< 結社誌5月分歌稿 やばい。かわいい。 >>