犯人は誰だ(笑)

先週、弟ファミリーが来て帰った後、マテ貝でできた風鈴の貝のひとつが取れてテーブルの上にさりげなーく置いてあった。

まあ別段大切なものでもなかったんだけど、一応「素直に謝る」ということを教育したかったので、今週再び弟ファミリーが来たときに、子ども2人(兄6歳、妹5歳)に

「これが壊れてたんだけど、誰がこわしたのかなぁ?」

とやさしく(←ここ大事(笑))聞いてみた。

両者首を横に振る。

「壊した人は、そっと手を挙げてみて。今なら怒らないから」

と再び問う。

どちらも手を挙げない。が、妹の方が両手で顔を隠している(爆)

そっか。
「壊した」というのは意図が含まれるわけか。
質問を変えた。

「触ってるうちに壊れちゃったような気がする人は、そっと手を挙げて」

妹の手がちょっと挙がった。よしよし。

「じゃあ、謝らないといけないよね。壊したんじゃなくても壊れたんだもんね。謝れるかな」

「……こわれてごめんなさい」

よっしゃOK!

なかなか子どもってのは難しいねぇ。面白いけど。
[PR]
by sei_97 | 2007-05-12 23:41 | つれづれ
<< 赤子 脚本 >>