それはどうなの(苦笑)

今日はひどい雨降りでした。

で、洗濯物を乾かしにコインランドリーに行きました。

両替して、その両替機の上をふと見ると、どう見ても両替機の鍵らしきものが放置されてるんです。

こりゃいかんだろ、と思ったので管理者に電話をしました。


おばちゃんが電話に出ました。

「あー。鍵? あー、隣にねぇ、警備会社があるでしょう?」

「は?」

「いや、隣にね、警備会社が」

何か、対応にカチンと来たので、

「私は客なんですけど。たまたま鍵を見つけたので連絡してるだけなんですけどね。警備会社とか知りませんよ」

おばちゃん、ちょっと困った風に、

「いやー、それはありがとうございます。でね、隣に警備会社があるはずなんですよ」

わけわかんないのでとりあえずコインランドリーを出てキョロキョロしたら、小さな警備会社が確かにありました。

「ああ、ありますね。この警備会社が管理してはるんですか?」

「いやー、そうじゃなくて、そこに預けといてもらえませんかね」

「は?」

「その警備会社が管理してるわけじゃないんだけど、そこに鍵を預けておいてもらえませんか」


何だかわけがわからないけど、もうこれ以上かかわるのも面倒なので、了解して電話を切り、警備会社に鍵を持っていきました。

「この鍵をここに預けておいて欲しいと言われたんですが」

警備会社のおっさんが

「は?」

話通してないのかよっ!


んで、またそこで私がコインランドリーの客であることと、たまたま両替機の上に鍵が忘れられていることと、管理者に電話をしたことと、この警備会社に預けておくように頼まれたことを説明して、まあ快く預かってもらって帰りました。


あほくさ(苦笑)





[PR]
by sei_97 | 2007-06-23 00:31 | つれづれ
<< ほたる チョコボ >>