ふたたび華原朋ちゃん

結局小室のことが忘れられなかったんだろうね。

自殺未遂(表向きはチャーハンを作ろうとしてガス漏れ、というありえない言い訳)のあと、魂が抜けたみたいな表情でTVに復帰して、あの時も痛々しかったんだけど、それから誰だっけ、あ、コロッケとデュエットで再復活して、あの時にはだいぶ元気そうになってたのよね。

それから今回、みゆきさんの曲「あのさよならにさよならを」をもらって。
これで完全復帰かなと思ってたのよ。

ここで動画が見れるかな?

  思い出さなくていい後悔や悲しみが  私たちを迷わせる
  約束を交しましょう  今からの日々のため
  あのさよならにさよならを送りましょう
  嘆いてる時間などないから

たぶん、書き下ろしだったんだと思うんだ。
この曲大切にしてほしい。

「あのさよならにさよならを」送ってほしいとほんとに思う。

個人的には男に囚われてる女ってのはカッコ悪いと思うけど、でもそのカッコ悪さを乗りこえてこその「いい女」なんだと思うの。

薬やめられるようになればいいな。
ムリして笑わなくても済むようになればいいな。

新聞の記事にこんなことが載ってた。

===
休業中の今年の始め。華原が何回も見たテレビがある。
それは細木数子の特別番組で、小室の伴奏で妻のKEIKOが「I'm proud」を歌っていたもの。デビュー翌年に小室が華原のために作った名曲中の名曲である。

「私ね、少なくとも10回以上は見た。何回でも見ちゃう・・・何回でも見ちゃうの。」
===

「見ちゃう」っていう言葉。
見たくないのに見てしまうという意味。
囚われてるって意味。

小室のデリカシーの無さにもあきれるけどね。
憎いほどあきれる。

他人のことで(しかも芸能人のことで)こんなに切なくなる自分が不思議なんだけどね(苦笑)
[PR]
by sei_97 | 2007-07-04 23:36 | みゆきサマ・カラオケ
<< 情報ブログつくっちゃいました(笑) なんとなく >>