結社グループ誌歌稿

思考がまったくまとまらない中で締め切りに追われて作ってしまいました(って言い訳から入るなよ、私)


  『 日 常 』

いのちとは奪はるるために在るものかけさ蟷螂の路に轢かるる

鍋底をがしがし削る焦げつきしものは正体不明のままに

卵焼きのふはり仕上がりたる朝はやさしき楽の流れくるらし

千切りの野菜と昨日のささやかな慚愧でつくる特製サラダ

テーブルの上の小さき花畑うつくしく咲け今朝の弁当

お土産の月見だんごを頬張ればいやが応にも秋となりたり

指うつくしき政治家ひとり丁寧にことば選びて語り続くる



ちなみに「指うつくしき政治家」っていうのは、石破さんですの(笑)
指フェチの私にはたまらなくうつくしい指をお持ちですのよ。
主義主張なんかどうでもよくて、とりあえず彼の指を見てます(爆)
細くて長くてすごくきれい(笑)
[PR]
by sei_97 | 2007-09-26 23:48 | 短歌
<< 初なっぱ はひー >>