恋かもしれない(笑)

RESまとめてこっちに(またかよm(。_。)m)

えー、今日、娘と少年と一緒にカラオケ行ってきました。

基本的には遊びを全然知らないマジメなカタブツなヤツなんですよ。
誘わなきゃカラオケにも行かないし、酒はこないだ同級生に誘われて初めてビールを飲んだと行ってましたね。

もちろん彼女なんかいやしません。
ももんがのぬいぐるみに名前をつけて、人格を与えて、軽くヤバいヤツです。
「かまってちゃん」なんですが、不器用なのでそれをはっきりとは言えないヤツです。

それが捨て置けない理由なんだな、たぶん。

かわいいんですよ。
「こいつ、どうにかしてやろうか(笑)」とおもうくらい(←やばいやばい)

歌っていうか、声はよくとおるいい声です。音感もリズム感もいいです。
ポルノ歌わせたらすばらしく惚れ惚れします(笑)
(今日、歌ってるの携帯で録画しちゃったもんね♪)

なんだろうな、短歌ネタになるんですよ。
絵に描いたような「悩める少年」っていう感じだから。

ってことで、彼をネタにして、かつて作った短歌を挙げておきます。
もちろん、虚実入り混じってます。短歌ですから。

===
★夢を追う少年であれ君もまた傷つきやすきたましひをもつ

★透明なひかりの重なる真ん中で濃く透きとほれきみのたましひ

★さみしいと吐き出したまま少年は曖昧な笑みを貼りつけている

★雨粒を受けてにわかに青臭きみどりとなりぬ少年の肌

★拗ねた目でうずくまりたる少年の肌に触れたし 春の雨ふる

★少年の肌きよらかに首筋を五月の風が吹きぬけてゆく

★少年のほそき指より抑圧と禁欲のいろを剥ぎ取れ今宵

★張りつめた肌はりつめたたましひを持て余しきみはおとなになれない

★身ぬちなる混沌に名をつけあぐね少年の目は闇を湛える

★数式を指す少年のゆびさきの爪のいろまで清潔なりき

===

てな感じ(笑)

でも私の肌は残念ながら綺麗にはなっておりませぬ。
つーか、彼氏いるし。
つーか、かまってやりたいけど、つき合ってやりたいとは思わないし(だって、手がかかりそうなんだもん(爆))。

でも、「我が子」とかいう感覚ではまったくないです。
微妙ですねー。
[PR]
by sei_97 | 2008-06-26 01:08 | つれづれ
<< やっとやっと… 彼氏ではないけれど… >>