大分の教員採用試験がらみのあれこれ

あ、薬効いて、今はもう大丈夫です。
元気な時にちゃんとシミュレーションしとかないとね(汗)

で、大分の件ですよ。

なんだかねー。
昔からどこにでもあったような話は聞くけどねー。
親が教員で、退職するかわりに子どもを教員にする、とかさ。

100万積んだら教員採用試験に通る、とか(私たちが就職する頃の相場)まことしやかに言われてたけど。都市伝説だろうと思ってました。


でもね。

とりあえず、逮捕者が3人も出た学校には、急遽スクールカウンセラーを複数配置して、子ども達のケアにあたる、とか言ってたけど…。

やった側はぶさいくですよ。

差し繰られて、採用試験落ちちゃった人もかわいそうですよ。


でもね、裏金で採用された人、自分がその当事者だったってこと知ってたのかな、って思うと。


例えば、親が、採用試験受ける子どもに内緒で裏金渡してた、なんてこと、容易に想像できるじゃないですか。

教育委員会は、裏金で合格した人は合格を取り消す、って言ってるらしいけど、もう教壇に立っちゃってるのよね、その人たち。

もし、自分が裏金で教員になったんだ、って知らなくて、それを明かされて、一生懸命頑張ってたのに「あんた、裏金だったから合格取り消し(=クビ)」って言われたら…どうするんだろう。


私は、そっちの方が気になって仕方がない。
自殺者が出なきゃいいけど…。
[PR]
by sei_97 | 2008-07-15 00:19 | 教育とか社会とか
<< おーい、はに丸くーん 発作?ヘンなの >>