気がつきゃ25時だよ(^^;

のんびり過ごしてるのに、時間が経つのが早いぞ。

昨日はウチの企業(?)の福利厚生がやってる「無料電話カウンセリング」に電話してみました。
どうしてもひっかかってる、こないだ書いた「傷」の話をするために。

「『傷』を癒す、治す、消すという方向で考えずに、『傷を抱えてる自分』をも丸ごと認めてやれば、それは経験となって、今後の糧になるというふうにも考えられますよね」

と言われました。


なーるーほーどー。


基本的にいつも行ってるカウンセラーさんと似たような話をしてくださったんだけど、聞く度に「あ、そうだった」と思うということは、まだハラにすっきり落ちてないんだなと思うわけで、多分また同じところでひっかかって、同じようなこと言われて「あ、そうか」と思うんだろうな。

でもそれは自分にとって必要なことだから。

「あ、そうか」って思わなくなるまでは繰り返してもいいや。


♪誰が悪いのかを言い当てて どうすればいいかを書き立てて
 評論家やカウンセラーは米を買う
 迷える仔羊は彼らほど賢いものはいないと思う
 後をついてさえいけば何とかなると思う
 見えることとそれができることは別物だよと米を買う
           中島みゆきサマ「時刻表」より


これ、初めて聞いた時は「そうだよなっ!」って思ったけど、今は「だってそれが仕事だもん。それで米買うの当たり前だもん」って思う。

「見えることとそれができることは別物」

でも、見えるのなら見て指し示して欲しい。
できるかどうかは別物なのは当たり前。
それをするのは個人個人であって、評論家やカウンセラーじゃないから。

だから私は、何度でも訊きに行く。
「どうすればいいか」「見えるものを教えて」と。

そういう関係でいいじゃないかと思う。
「後をついてさえいけば何とかなる」と思いさえしなければ。
[PR]
by sei_97 | 2008-08-29 01:10 | つれづれ
<< 豪雨 帰ってきました(^∇^)/ >>