「怠ける」とは

めったに見ない番組なんだけど、「深イイ話」見てました。番組欄に、五味太郎さんの話が出るって書いてあったから。

五味さんの話というのは、五味さんの著作絵本の中身。いろんな動詞の概念についての本だったかな。

「怠ける」という意味について。

仕事をしないでゴロゴロするのは、「怠ける」ではなく「ゴロゴロする」。勉強しないでボーッとするのは、「怠ける」ではなく「ボーッとする」。

「怠ける」というのは、春→桜→花見というように誰かが決めたとおりに行動すること。行列ができるラーメン屋に並ぶこと。言われたことしかしないこと。成り行きで結婚すること。そういうことを「怠ける」と言います。

って。

うわああああって声が出ちゃったよ。

まだドキドキしてる。鉄槌を振り下ろされたってのはこういう感覚だろうか。

すごい。
そして素晴らしい。

五味太郎さんは好きで、絵本もたくさん持ってるけど、改めてその素晴らしさに打たれた。

子どももオトナも読めばいい。「○○の品格」とか書いてぼろ儲けしてるやつらはどう思って読むんだろう。

確かに、今の世の中ラクに生きていきたいなら、品格本やスピリチュアル本を読んで、そのとおりにすればいい。だけど、五味さんはそれを「怠け」ていると一刀両断だ。

すごい。

って打ち震えてたらニュース速報が入って福田さん辞意表明。国営放送にチャンネル変えて会見を見た。

賢い人だなあと思った。いろいろ計算ずくだ。この人は「怠け」てないなと思った。
[PR]
by sei_97 | 2008-09-01 22:44 | ことば・本
<< 上地雄輔物語 予定は予定にして決定にあらず(大汗) >>