十六夜

今日は何も書くネタがない、ってなことをうだうだと書いてたのに、UPに失敗してしまった(^_^;)

もう一度同じことを書くにはあまりに内容のないことだったので、「はぶてて」更新ほったらかして、ゲームして遊んでました(苦笑)

で、今、寝ようと思って2階の自分の部屋に上がってきたら、まあ月が明るい。

さっきまで降ってた雨が上がったらしく、今夜の十六夜の月がきれい。

★十六夜の月が寝床を照らすから今宵わたしはひとりではない

★誰もいない寺の本堂 十六夜に照らされ狸の法事がはじまる

★ゆるやかに脳がゆるんで窓の外のまるいののさまおやすみなさい

即興で「月」3首。

おやすみなさいzzz…。
[PR]
by sei_97 | 2008-09-16 01:30 | 短歌
<< なぜだ! 賭け事 >>