ラグビー大畑

忘れてて途中からだったけど、NHKで神戸製鋼の大畑大介選手の特集やってた。

ラグビーは好きなんですよ。
私の父が神戸製鋼に長い間勤めてたこともあって、神戸製鋼びいき。
テレビで試合中継とかやってくれないのがいつもくやしい。

で、大畑選手と言えば、筋肉番付だっけか、あれで、ボタン押して走って落ちてくるボールを受け止めるっていう競技があったんだけど、いつもすごいプレー見せてくれてて。しかもラグビー選手にはなかなかいない、そこそこイケメンで(笑)

両足のアキレス腱断裂させたってニュース見て(去年だったのか?)もうダメだと思ってたら、すごい人だった。

自分のことを「ヒーロー」と呼ぶ。
ヒーローは、絶体絶命の境地から甦ってくるから。

んで、テレビで見せてくれた大畑の闘いぶり(自分自身との)は凄まじかった。

お父さんがインタビューに答えながら途中で涙声になって、「ここまでくると、不憫に思うこともあるんですよ」って言ってた。「才能なんかないと思う、ただ努力でここまでやってこれた」って。

私も、もう引退してもいいじゃん、って思いながら見てた。
そのぐらい凄まじい努力・努力・努力。

「娘にかっこ悪いとこ、見せられへんからね」
って笑ってたけど、そんなボロボロになる前に、かっこよく引退したらいいじゃん、って思って見てた。

そしたら、ナビゲーターの紹介で、
「引退っていうのは、自分の中で努力を続ける気力がなくなったとき」
だって言うんだ。すごすぎる。

そして、大畑は「夢」という言葉を使わないという。
曰くの名言。

『一瞬一瞬に全力を注ぎ積み重ねた先にあるものは夢ではない。 未来には自分の努力でつかみ取った現実があるだけだ』

世界のトップを走る人たちってどうしてこんなにすごいんだろう、と思う。
その数万分の一でもあれば、っていうか、どうしてその数万分の一すら私は持ち得ないんだろうと思うと、イーーーッ!ってなる。自分に対して。

そんなすごい人と較べるからいけないんだけど、自分のふがいなさが情けなくなる。


「勇気と元気をもらえました(はぁと)」
みたいなこと言わなきゃいけないんだろうけどね、こういう番組を見た後は(苦笑)
なんか、大畑のすごさに感動して泣きそうだ。
自分のちっぽけさに愛想が尽きて泣きそうだ。
[PR]
by sei_97 | 2008-10-03 23:11 | テレビとか
<< 弟ファミリーが来るっ!(T_T) モノ申す! >>