吉本新喜劇の佐藤太一郎

今日の昼に久しぶりに吉本新喜劇見てたら、前はチョイ役でしか出てなかった佐藤太一郎が、かなり重要な役(つーか、準主役級)で出てたのでびっくり嬉しい(^o^)

かつてよく観に行ってた大阪の劇団「ランニングシアターダッシュ」っていう小劇場の中で、大好きだった役者さんなんですよ。上手くてかっこよくて。動きにもセリフにもキレがあって。

ダッシュが解散してしまって、佐藤太一郎さんが吉本新喜劇に入ったっていう話を聞いて、何かとても複雑な気持ちになってました。

でも気になるから、ちょくちょくTV見てたんです。

うーん、やっぱりいいわぁ。
なんか、佐藤太一郎の周りだけ空気が違う。吉本じゃない(笑)

あれだけ違う雰囲気っていうか、小劇場の香りをぷんぷんさせて「お笑い」の世界に行っちゃうと、吉本新喜劇の中でも「お前な、ここは劇団とちゃうねんで」みたいなイジメとか受けてるんじゃないかしら、って勝手に心配してました。

でも気づいたら、小藪座長とめっちゃ絡んでる役だし。
でも一人、ダッシュやってるし(笑)

だーかーらー、そんなキリッと立ってないって、他の新喜劇の人は(笑)
だーかーらー、そんな滑舌よくないって、他の新喜劇の人は(笑)
小藪なんか何言ってるか、滑舌悪すぎてわかんないし(^^;)
だーかーらー、一人で全身で演技してちゃダメだって、みんなもっと抜いてるって(笑)
そんな、表情と目の動きで感情を表現するなんて高度なことしちゃだめだって、吉本なんだから(笑)

なんて思いながら見てました。
今日の脚本家はわりと若い人なのか、新喜劇の役者を新しい使い方してたり、セリフもちょっと新鮮だったりしたので、より小劇場っぽかったなあ。

見ながらしみじみと、この周りのメンバーが、新喜劇じゃなくて劇団の役者だったらなぁ、って思ってしまいました。

で、今検索かけたら、ブログもありました。
何か、帽子とかサングラスとか売るお店の店長さんと吉本新喜劇を兼務してるみたいでした。
で、R-1に出るそうです。

とりあえず、彼なりの道を進んでるんだなぁ…と思って。


でも、ほんと、演劇やってる人たちって将来とか考えてるとできないよなぁ…と改めて。
同じダッシュのメンバーだった岡部さんのブログも見つけたので見に行きましたけど、何かなぁ…みんな結局舞台の魔力から逃れられないんだろうなぁ…って。

ちょっと切なくなったりして。
[PR]
by sei_97 | 2008-11-02 01:24 | 芝居
<< 小春日和 何だこのハードな日々は!? >>