職場行ってきました

で、文章書き上げてUPしようとした途端、電話がかかってきて、ウチのシステムは電話がかかるとその瞬間だけ接続が切れるんですわ(^^;)

せっかく書いた文章が(結局文句だけどな(苦笑))、闇の彼方へ葬られてしまいましたorz


何を書いたかというと、まあ職場に行って、直属の上司(所長的な)と「復帰プログラム」の話をしてきたのですが、まず「復帰する意思はあるのか」と。「ある」と答えると書類を渡して、

「まあこれに従ってやっていくわけなので、よく読んで、主治医とも相談してもう一度意思を伝えるように」

と言う。

私が書類を確認しながら、

「わかりました。これとこれと、これは主治医に書いてもらえばいいんですね」

と答えると、

「私は書類を提出しなさいと言っているわけではないから。主治医と相談して、復帰の意思があるかどうかを連絡しなさいと言っているんだ」

と繰り返す。


なにそれ。
復帰するって言ってんじゃん。
わざと?
わざと怒らせて「じゃあ復帰しねーよ!」って言わせたいの?
面倒だもんねぇ、復帰プログラムとかって、作成も手続きも。


でも、ここで腹を立てても仕方がないので、能面のように

「はい、わかりました。また主治医と相談して連絡しますのでよろしくお願いします」

と答える。


戻りたいんだって言ってんじゃん。
むかっ腹が立つけど、でもわざとちょっと意地悪を言って、それに耐えられるかどうか試してるのかなとも思う。


なんかめんどくさいなあと思いながらぼんやり夜を過ごしてると、妹から電話。

「職場の連中の言うことがひとつひとつ気になって仕方がない。人に会うのが怖い。何か言われてるような気がするし、そう思い始めると、そうじゃないかもしれないことまで疑ってしまう」

と。

こいつも私と同じだなぁ、と。

「それねえ、私もだけど、たぶん視力が良すぎるんだと思うんよ。例えば、ちょっと焦点ぼかしてモノを見ると目が休まるじゃない。そんな風に、ちょっと焦点ぼかして人の言動に接していけば何でもないことかもしれないよ」

と、お姉ちゃんらしいアドバイス(笑)
自分に向けたアドバイス(苦笑)


ちょっと焦点ぼかして、性根入れるところは入れて、でも過敏になるとなるだけ損だから、そこは70%の力でふわんと乗り切って。


妹に話しながら自分に確認してる。
こんなことで折れてたまるかばかやろぉ。
職場に帰ってきて欲しくないのなら、なおさら帰ってやる!
迷惑かけない程度に70%の力でゆるゆると泳ぎ切ってやる!ばかやろ。
[PR]
by sei_97 | 2008-12-03 22:26 | つれづれ
<< 結社投稿歌12月分 NHK「プロフェッショナル」武豊 >>