カテゴリ:教育とか社会とか( 47 )

答えのない問い

またしても弟その2ファミリーが来てました。
近いと思って(車で1時間)しょっちゅう来やがる(笑)

今日は芋掘りなんかして楽しんでましたが。

小学校1年生の中子(今のところ3人兄妹の真ん中)が、幼稚園の頃から微妙に登園拒否みたいな感じで、私の好きな感受性を持ってる気配なんですよね。

で、こんな本がウチにあったので、見せてみました。
e0099547_22515067.jpg


1979年初版で、大岡信・谷川俊太郎・安野光雅・あと福音館の社長だっけ、が編集した、「こんな教科書があったらいいよな」ってコンセプトの本です。

まず「国語」じゃなくて「にほんご」。

で、その中の、このページ。
e0099547_22533327.jpg

蛇口からいろんな形で水が出ている絵が描いてあるわけですが、これはどんな音なんだろう、と考えさせるページなんです。

姪っ子に見せたら、まず、一番右端を指して、

「これは、ポタポタ…じゃろ…?」

とすごく不安そう。

「あとは…えー、わからん…」

と、困り切ってるんです。

「これ、答えないよ。自分が感じた音を答えればいいんだよ」

って言うと、ものすごく驚いて。

「えええええっ!?答え、ないの??」

って。


それに私は逆に愕然としましたね。
答えのないもの、に触れずに今まで来てたんだなぁと思うと、ほんとに今のコドモってかわいそうだと思ってしまいました。

小学校1年生にして、すでに「答えがはっきりしてないもの」にすごく不安を感じてるんですよ。そして、「答えを間違えること」に対しても。


次回来たときにはもっとゆっくり、この話をしてやろうと思います。

「虹色のランドセルが欲しい」
って言ってた子が、だんだん「ふつう」の子になってしまうのを見ているのはつらいです。


私が小学校2年生の頃、忘れもしないんですが、算数で「答え…なし」っていう練習問題をやったことがあります。何度も。

それと今回のは少し違うけど、その算数の問題は、計算しようにも条件が揃ってないから計算できない、という文章題なんですよ。

「たかしくんは、みかんを5つ買いました。ひろこさんはりんごを3こかいました。全部でお金はいくらになるでしょう」

みたいな問題だったと思います。
正解は「答えはでません」とか「答えられません」っていうの。

これ、いろんな人に訊いてみるんだけど、誰も知らないの。
おっかしいなぁ???

なんか同世代的な人がおられるみたいなので(笑)、もう一度訊いてみましょ。
こんな問題、やった記憶ないですか???



そうそう。
「にほんご」の本で嬉しかったのは、こんなページ。

「あなた は どちらの て で おはし を もちますか?
みぎて で もつ ひと は みぎきき。
ひだりて で もつ ひと は ひだりきき。」

私は元々左利きなんで、「おはしを持つ手が右」って習っても、どっちでも不自然じゃなく持ててたんですよ(今は矯正されて、ほとんど右でしか持てなくなりましたが)。

「おはしを持つ手が右」っていうことに、ずっと違和感を持ってたから。
こういう教科書がほんとにあったらいいなあ、って改めて思いましたとさ。
[PR]
by sei_97 | 2008-10-12 23:09 | 教育とか社会とか

モノ申す!

ってさぁ、朝○新聞に投書しようと思ってWebで投稿フォーム探したのに見つからなかったから、ここに書く(笑)

中国○聞はWeb上から投稿できるのにー。

いやさ、最近いろんな危険がいっぱいあるじゃないすか。一昨日なんか、天下の東京大○が放射性物質なくしてたり。

メラミン混入にしても、カビ水にしても、とにかくなんかいっぱい、不注意としか思えない(さすがに「故意」とは言わないけど)ことがあって。

で、報道されるわけだけど、厚労省にしてもメーカーにしても、「少量なので人体に影響はありません」って言うばかり。

これにムカつくんですよ。「人体に影響」の有無がモンダイなのか?ってね。言い逃れにしか聞こえない。

なんかね、某中山前大臣みたいにバカな発言しても、プイッとやめてそれきりだし。

物事の本質が、何か違うところにある気がしてならない。

見失わないようにしなきゃって思う。ちゃんと、普遍な点検軸を持たなきゃって思う。

世の中がみんなで誤魔化しにかかってる気がする。

…あー、書き殴りでまとまってないなあ(苦笑)
[PR]
by sei_97 | 2008-10-03 19:03 | 教育とか社会とか

ロケットくれよんのお兄さん

明日、同じ市内で0歳~3歳児向けのコンサートをされるそうで、リハの見学、ついでに照明の当たり合わせをしてきました。ほっといたら舞台上の蛍光灯だけでやっちゃいそうな勢いだったんですもの(苦笑)

演劇に少しでもかかわってた人間として、ステージに立つ人に灯りが当たらないっていうのは気持ち悪くて許せないので…勝手に灯りの調節してきました。

その後、27日のコンサートの会場を見に行って。

そして弟その2家族お気に入りのお好み焼き屋さんで夕食。
こんなアットホームでいいのか?(^^;)


まるで親戚のお兄ちゃんたちが来たみたいに大喜びの姪っ子と甥っ子。その向こうにいるのが「ロケットくれよん」のお兄さんたち。
e0099547_054364.jpg


これじゃ主役がだれなのかわかんないので、近づいてもう一枚撮らせてもらいました。
e0099547_054211.jpg


ご本人たち、「もう『お兄さん』なんて呼ばれちゃいけない歳だよな」って、新しい呼び方を考えてたみたいだけど、今回まではとりあえず「お兄さん」で行くことに決定(笑)

「だって、何て呼ぶよ。『サトちゃん・タカちゃん』?」「いや、それはやめよう、気持ち悪い」

なんて会話だけ聞いてるとほんとに普通のお兄さんたちなんだけど。
リハでの歌声はとても素敵でした。

有名になれればいいんだけどな。
今は近畿あたりまで呼ばれていくことがあるそうです。
こないだは滋賀に行ったとか。

ふぁーさん、関東に呼んでよ(笑)
[PR]
by sei_97 | 2008-09-26 00:54 | 教育とか社会とか

原子力空母!?

横須賀に「配備」されたってニュース見て、びっくりした(・_・;)

恥ずかしながら、全然知らなかった(^_^;)

今まで「寄港」ってのは何度も、なし崩し的に実行されてきたけど、「配備」ですか!?

「非核三原則」って、もうなくなったんだっけ?

恥ずかしながら、それも知らない。ちょっと社会から目をそらして現実逃避してる間に、そんなことになってたんだ!?

浦島太郎みたいな気分だよ。

「配備」って…(^_^;)
[PR]
by sei_97 | 2008-09-25 12:12 | 教育とか社会とか

同緯度同縮尺の日本

ウチのトイレにはいろんなものが貼ったり掛けたりしてあります。

短歌の師匠から毎年もらう短歌カレンダー。

薬屋さんにもらった、与謝蕪村の俳句カレンダー。

糸井重里さん企画の公募ダジャレが載ってる「3日坊主めくりカレンダー」。

そして、ダイソーで買った世界地図と日本地図。
e0099547_10461483.jpg

で、今朝、この日本地図をボーッと見てると、左上の、赤っぽい日本に気付いて、同時に「同緯度同縮尺の日本」というのを忽然と思い出しました(笑)

覚えてます?
高校の地図帳の、世界のあちこちに出没してた「同緯度同縮尺の日本」!

ヨーロッパのページ開いてるのに、半透明な朱色の日本列島が漂ってる。

ロシア(当時はソ連でした)を見てるのに、妙に小さな半透明な朱色の日本列島が…。

ないページもある。インドとか東南アジアには出てこない。近いのに。

オーストラリアとか、南米には出現する!

「同緯度同縮尺の日本」

ゆっくり考えれば意味わかったはずなのに、疑問と「またおる~!」という恐怖しか抱かなかった私の地理の成績は言わずもがな(^_^;)

先生が何をしゃべってるのか全然わかんないし、どの国が何を輸出してるかとか特産とかまったく興味なかったし、だからボーッと地図帳見てたんですわ。
すると出現する「同緯度同縮尺の日本」!

ずーっとナゾの存在でした。わりと最近まで(^_^;)
[PR]
by sei_97 | 2008-09-04 10:46 | 教育とか社会とか

感情表現その2

まず前回の記事のまとまりのなさを反省(苦笑)

一番書きたかったのは、

「感情が乏しい」じゃなくて「感情表現が薄い」んだってことだったんです。


感情が乏しいって言っちゃうと、喜怒哀楽がないみたいに思えちゃうじゃないですか。でも、たぶんコメントくださった「感情表現の薄い」みなさま(笑)も、感情が乏しいわけじゃないでしょ?出さないだけで。


それが書きたかったのに、ついつい社会に対する鬱憤が溜まってて、そっちに走ってしまって、わけのわからない文章になってしまいましたm(。_。)m


基本私も、ポチさんの言われるように、「ちょっとしたことでケタケタ笑える人」には引いちゃいます(苦笑) あ、でも引きながらでも、つられ笑いしちゃいますけど(^^;

「笑いのハードルが低い」っていうのは面白い表現だなぁ。「笑いのツボ」が多いっていう言い方を私はしてます。ほら、「箸が転んでも可笑しい」っていうのがあるじゃないですか。あんな感じ。実際、高校生なんかに「あんたらの年頃って、箸が転んでも可笑しいって言われるんだよね。ほら」って箸を転がしたら笑い転げますね(苦笑)あれはなんなんだろ。逆逆質問(笑)


ふぁーさんは…ダンナさまとはおいくつ違うんでしたっけ?
私たちの世代も、上の世代やマスコミから「シラケ世代」と呼ばれてました。
たーしーかーにー。
団塊の世代なんかの「熱さ」見てると、逆に冷めちゃいますね(苦笑)
ふぁーさんの「世代交互論」は正しいのかもしれません。

「熱い世代」
→「あそこまで熱くなれないわ(やや熱い)」
→「なんで上の世代はあんなに熱いんだろ(けっこう冷めてる)」
→「冷めてて何が悪い」
→「なんかしなきゃいけないんじゃない?(ちょっと熱い)」
→「ぬるい!もっとやることがあるだろっ!!(熱い)」
→【以下繰り返し】

こんな感じかな(笑)

あ、ちなみに私、異論大好きです。
人と話してて自分と違う意見出してもらうと、それをもとに考え直せるし、考えを深めることができるから。バンバン出してくださいませ(^o^)/


さな☆さんの娘さんとウチの娘も近いかもしれない。
友だちとは(たぶん)きゃっきゃしてる…(私にはあまり見せないからわからないけど)。

だから、時々一緒にドラマとか映画DVD観てて、私がボロボロ泣いてる時に横目で娘を見て、ヤツが泣いてたら「よしっ!」って思う(何故?(笑))


でも、ミラーニューロン説は捨てがたいなぁ。
前書いた、ファミレスの店員さんの笑顔には、ついつられてこっちもニコニコしちゃうし…。子どもなんかあからさまにこっちの感情が鏡のようにうつるし。


えーーーっと、結論と言えば、やっぱり「感情が乏しい」んじゃなくて、「感情はあるけど表現が薄い」っていうのが私の見解かな。
[PR]
by sei_97 | 2008-08-28 08:59 | 教育とか社会とか

感情表現

ウチの娘が感情表現が薄い、って記事書いて、コメントでいろいろお話して。

今日書こうと思ったのは、感情表現が薄いだけで、感情が乏しいわけではないんじゃないかな、ってこと。


クールだし、冷めてると思う(同じ意味か?(笑))


狂喜乱舞することもないし、切歯扼腕することもない。
もちろん、例外はいて、ブチ切れたりする子もいるけど、それも感情の出し方としては「マトモ」じゃない。


何故か。


ひとつは、情報がたくさん入るから、
「こうすればこうなって、それからこういう反応が返ってくる」
っていうことが、する前からわかっちゃってるんじゃないかな、と。

もうひとつは、感情をあからさまにする人間をバカにする風潮がある。
例えばテレビとか。
「マジ泣き!?」なんて、テロップで出されて茶化される。
それを見てると、自分はそういう茶化される存在にはなりたくないと思ってしまう。


そういうことがいろいろあるから、感情をできるだけ出さないように育ってしまって、結果、反応が薄くなってしまうんじゃないかなあ、と。


ちょっと昔、演劇にかかわってて、高校生たちに「感情の解放」っていうのを教えたことがあるんですよ。「喜怒哀楽」をオーバーに表現する。心から「喜怒哀楽」を出す。

できないんです。
すごく難しいんです。
笑えないんです。
「こんな時、どんな顔をすればいいかわからない」
「笑えばいいと思うよ」
エヴァンゲリオンの中の有名なセリフですけど、まったく地でそれなんですよね。

さらに難しいのが「怒」の表現。
怒れない。
怒ったふりもできない。

じゃあ、怒ってるときどうするか。
ふてくされるんですよ。無言になる。かかわるのをやめる。


大笑いして、わめいて怒鳴って、大泣きして、狂喜乱舞するワタクシとは、もはや人種が違うとしか思えない。でも、これって、社会の生み出したひずみじゃないかと思うんです。

教えてもらわなきゃできるはずないから。

ミラーニューロンってのがありますよね。
相手の反応を鏡のように映して自分が反応する。

子どものころに、親がどれだけ楽しそうに笑いかけてやったか、どれだけ厳しく叱ってやったか、そんなことが子どもの感情表現に大きな影響を与えてるような気がしてなりません。

それでも、感情表現の薄い友人の中で、一人呵々大笑してるとどんな目で見られるかわからないから、いわゆる「空気読んで」周りに合わせるんでしょうけど…。



あー、全然結論もまとまりもない文章でした。ごめんなさい。
寝ます(苦笑)
[PR]
by sei_97 | 2008-08-27 00:42 | 教育とか社会とか

マンガ「蟹工船」

コンビニで売ってたので買ってしまいました(^^;

恥ずかしながら読んだことなかったんです。有名なのに。

プロレタリア文学って、怖くて、なかなか進んで読む気がしなくて。


でも、最近ほんとにこのマンガ「蟹工船」がブームらしく、こりゃ一度は読むべきだなと。
コンビニで目についたのも何かの縁だろうと…。

いやぁ、一気に読みました。
熱いものが湧き起こってくるのを感じました。
そりゃ元労働組合員でしたから(あ、今もか(苦笑))
学習会もいっぱいしたし、自分なりにバリバリやってたつもりですから。
(共産党じゃないですよ、念のため)



すぐに、「青空文庫」からDLしてプリントアウトしました。
紙がもったいないから、1/4の大きさで(笑)
老眼鏡かけて読みます(苦笑)



ワーキングプアの増加もあいまって、若い子がこれ読んで、共産党員になるそうですね。

それ聞いてちょっと溜め息は出たんですけどね。
単純すぎ。

この作品が書かれた当時は、共産党しかなかったかもしれないけど…。
共産主義と社会主義の違いもわからないまま、

「蟹工船カンドーした!」→「労働争議カッコイイ!」→「共産党に入ろう!」

って…アタマ悪すぎると思うのだったりして…。
せつないなぁ。

そりゃもちろん、「蟹工船読んだ!」→「自民党入ろう!」ってのがいたら、お熱はかってあげたくなっちゃいますけどね(苦笑)


プロレタリア文学は、高校の頃の国語の副読本に載ってた『セメント樽の中の手紙』というものしか読んだことがありません。あれもやりきれなかった…。

短歌でも、プロレタリア短歌っていうのはあるんだけど、これはハッキリ嫌いです。


基本的に、文学を政治的プロパガンダに使っては欲しくないという思いがあります。
文学は芸術であり、芸術は「真善美」を希求していくものだと思ってるからです。


いろいろ考えてたら、発作的にウツ症状が出て、死んでしまいたくなってしまいました。
最近、かなり浮いてきてるから安心してたんだけど、突発的に死にたくなるのはビックリです。

もちろん、死にませんよ。
しがらみがたくさんあってくれるから(^o^)
そこは大丈夫なんですけどね。うん。

こないだ、アホらしくなって、自分にかけてた保険もほとんどやめてしまったから、死んだところで何の旨みもないしね(笑)

ま、こういう気分の時には、みゆきサマの曲歌ってくるのが一番なのでしょう(またかいっ(爆))


そうそう。
「まねきねこ」ってカラオケ屋は、ヒトカラでも大きな部屋なんですね。
座って歌おうとすると、画面を見るために首を上げなきゃいけないから、仕方なく立って歌うんです。すると、広いのもあって、なんか身振り手振り入れたくなっちゃいますね(笑)

今度はあそこに野田秀樹の脚本でも持っていって、一人で演技してあそぼうかな(爆)
監視カメラあるのかなぁ…あったら超恥ずかしいなぁ(笑)
[PR]
by sei_97 | 2008-08-26 01:50 | 教育とか社会とか

ヒロシマは祭りでもオカルトでもない!

今夜は見たいTVもないので、手わるさをしながら、芸能人が語る怖い話みたいなヤツを見てました。日テレです。

中尾彬。
「中国地方のある県のホテルに泊まった時のこと…」
(まさか、ヒロシマの話じゃないだろうな)

「夜中に、『水をくれ、水をくれ』って…」
「焼けこげた人が匍匐前進みたいにこっちに向かってくる…」

ほっほぉ。
このタイミングで、それをオカルトとしてバラエティで話しますか。
どんな神経してるんだ!

中国地方のある県で、「水をくれ」で「焼けこげた人」って、どこからどう見てもヒロシマじゃないか。原爆じゃないか。

日テレに苦情電話入れてやろうかと番号押してコールまではしたんだけど、あまりにアホらしくてやめました。言うのもアホらしい。

私も見たことありますよ。
広島市内に一人暮らししてたころ、金縛りにあって、おかっぱにもんぺにセーラー服の女学生が、動けない私の横に正座して、じっとうつむいてましたよ。怖かったですよ、確かに。
だけど、バラエティで話す内容じゃないでしょ。
どこまで他人事なんだ!

広島に来れば、そんな体験の一つや二つするかもしれないけど、そんなことで広島がオカルトの聖地みたいになるのはイヤだ。失礼だ。


広島の平和祈念公園を訪れた外国の平和団体の人たちが、
「でも、原爆が落ちたのが公園だったから、まだマシだったですね」
と言ったらしい。

違う!
広島市一番の繁華街だったんだよ。
それが壊滅したから祈念公園にしたんだよ。

それを言われた被爆者のおじいさんは、今、3Dで旧中島町(今の祈念公園)を復元しようというプロジェクトを立ち上げた。


1974年、第1回平和音楽祭とやらに、美空ひばりが歌った「一本の鉛筆」という反戦歌があるそうな。それを今年、別な歌手が歌ってもう一度世に出すことにしたそうな。

その歌手がレコーディングの3日前に原爆ドームや資料館を見に来て、元安川の川幅の広さに驚いたと言ってた。川を亡くなった人たちが埋め尽くしてた、という情報は知っていたらしい。でも、小川程度の小さい川だと思っていたんだと。実際の元安川の幅の広さを見て、そこを死者が埋め尽くした様子を想像してあらためて戦慄したそうな。


もっともっと知ってもらわなきゃいけないと思う。

私は今年も8月6日は行かなかったけど、行った友人からメールが来た。
本人の許可を取ったので転載させてもらう。
===(以下引用)===
年々、変わっていくけど、今年は新左翼の数が激減。
デモも街宣車もいないもん。
不景気で8.6にさえ遠征は出来ない状況なんだろう。
8時15分に黒ヘル1人がマイクで「黙祷粉砕!」と叫んでいただけ・・・。解放派に至ってはいつもの位置にチラッといたけど、20分には撤収してたよ!!!!

世界平和をと書いた折鶴の一団が増え、黙祷の時間にも歌を歌ってるには閉口。粉砕は15分に叫ぶ意義があるけど、歌は歌うな。って思わない?

やたら警察と機動隊が増え、市役所の兄ちゃんはあからさまに面倒そうで・・・。ヒロシマに集まってくるお祭り気分の人達と死者を悼む祈りの場のギャップが一段と増しているよ。
===(引用終わり)===

TVで見てても、警察が多いなと思った。
暑いからね、市役所の人たちも大変だとは思う。総理大臣の来る年は警備がより大変だ。
以前、「大変ですね」って声をかけたことがある。2メートルおきぐらいにずらっと並んでるんだもん。その時は「いえ、仕事ですから」と答えてくれた。仕事でも、ヒロシマの何たるかをわかってる人だな、と思った。


だんだん、ヒロシマを知る人が減ってる。
広島県内では、平和教育や解放教育は「邪魔なモノ」「偏向教育」だと文科省から直々に「是正指導」が入ったおかげで、ほとんどそういうことはやらなくなった。「平和行進」もほとんど見ない。地味~に「反核平和の火リレー」が走ってるだけ。でも大々的にはしてない。


広島の秋葉市長は、「平和宣言」の中で、こう言った。

「核兵器の廃絶を求める私たちが多数派であることは、様々な事実が示しています。」
「昨年我が国が国連に提出した核廃絶決議は170カ国が支持し、反対は米国を含む3カ国だけです。」

2008年8月6日 広島平和宣言を全文読みたい方はこちら

多数派であってほしい。
広島県内の若者ですら、ヒロシマ・ナガサキの日を覚えていない人も増えてる。
ましてヨソの人はどうだろう。

「ヒロシマ」は、人類初の被爆地として、平和を恒久的に発信していくところ。
「広島」は、政令指定都市。広島県の県庁所在地。
「廣島」は、大本営が置かれていた軍都としての町。

使い分けてください。
そして、「ヒロシマ」を多くの人のこころに刻みつけてください。
資料館を見に来て下さい。
ゆがんだ三輪車。
黒こげの弁当箱。炭になったご飯粒。
ぼろぼろの小学校の制服。

人がたしかに生きてたことを、実感してほしい。
特に中尾彬!!(結局そこかい(^^;)
[PR]
by sei_97 | 2008-08-08 00:53 | 教育とか社会とか

なんだかなぁ…

みゆきさんの「幸福論」の中に、
 ♪孤独が怖けりゃ 誰にも会わないことね

っていう歌詞があって。
私、「幸福論」はかなり共感することが多くて。

なんてのかなぁ…。
今は休んでるけど、モトの仕事は、結構生身のニンゲンと関わる仕事だったりして。

その生身が、いろいろと近況を知らせてくれたりくれなかったり、飲み会に誘ってくれたり…。

それはとても幸せなことなんだけど、仕事を離れてる今、ありがたいし嬉しいんだけど痛い。



私は彼らに合わせる顔がないような気がして。
そんなことないっていうのもわかってるんだけど。


今、電話がかかってきて、8月末に飲み会やるから、って声かけてもらって。
すごく嬉しいんだけど…。


なんかよくわからない文章でごめんなさい。
んー、「祭りのあと」なのかもしれない。
いろんな人と楽しく過ごしてきたから、ちょっと反動きてるのかもしれないな(苦笑)

今日はこんなだけど、またすぐ元気になります。
[PR]
by sei_97 | 2008-07-29 21:52 | 教育とか社会とか