カテゴリ:ことば・本( 64 )

図書館つながりで本屋の話

本屋にはよく行きます。
町内に1軒、車で約30分の市街地(小さな)に4軒。
欲しい本が見つからないときにはそれだけは定番として巡ります。

さらに隣の小さな市に1軒。ここは本の並べ方とか選び方とかに少しこだわりが感じられて好きです。

あとは、車で1時間ちょいの少し大きな市にあるヴィレッジ・ヴァンガード。
ここはいいですね。掘り出し物がたくさんあって。
フランチャイズらしいんだけど、各店舗で店長さんの個性が出せるらしくて、ここの店長さんには惹かれるものを感じます。

旅先でも必ず本屋に立ち寄ります。

まずお店全体を散策します。
で、その店と雰囲気が合わなかったり、こだわりが感じられなかったら帰ります。

良い感じのお店は長居します。
2巡目くらいで、平積みと背表紙を見て回ります。
その時、本の方から「連れて帰って~」と声がかかると、胸に抱き留めます。
何も声がかからなかったら、3巡目。
ちょっとゆっくり歩いて、耳をすませます。
小さな声が聞こえたら、その本を手にとって、数ページ読んでみます。そして、気が合えば連れて帰ります。

それが私の本屋の楽しみ方。
だから、本屋の大きさにもよりますが、数時間は潰せます(^o^)

本に埋もれて死ぬのが夢で、
「死んだら柩の中に、菊の花とかじゃなくて私の蔵書を詰め込んで」
と言ったら、
「そんなことしたら重くて持てないし、柩の底が抜ける」
と言われてしまいました。

…本ならよく燃えるし、いいと思ったのに…。
重さは想定してなかった(-_-;)
これはショックでした。
[PR]
by sei_97 | 2008-05-29 00:00 | ことば・本

初体験(///▽///)

市立図書館に初めて行きましたの(///▽///)

カバンは入り口のロッカー(100円入れて鍵かけて、開けたら100円戻ってくるやつ)に入れなきゃいけないのね。盗難防止ね。

目的の本を検索して、分類番号メモって書架に探しにいったんだけど、発見できず、恥ずかしながらカウンターへ。司書さんの手をしばらくわずらわせて、結局、開架じゃなくて書庫にあることが判明。申し訳なかったけど、出してもらって。

ノートパソコン持っていってたので、パソコン使えるブースを教えてもらって、そこで本みたり文章書いたりメモったりして。

何だかねぇ。
高校時代思い出したわ。

図書館の規模は全然ちがうけど、こんな感じだったなぁ、って。
普通の本は私は手元に置いておきたい派なので、借りるつもりはまったくなかったんだけど、図書館って調べ物できるんじゃん、ってことを思い出しました。絶対買わないっていうか、買えないという本を4冊借りてかえりました。

e0099547_0523149.jpg


しかも、高校時代の唯一の友人にばったり会うし♪
今まで中途半端な時間つぶしって、ファミレスばっかりだったけど、いいとこみつけた(って今さらねぇ(笑))
[PR]
by sei_97 | 2008-05-28 00:54 | ことば・本

なんとか終了

天気も、暑くもなく寒くもなく、風は少し強めなれどさわやかで。
e0099547_2275860.jpg


写真は秋吉台。
これがほぼパノラマに広がってます。新緑もきれいで。

今日はクタクタで帰れそうにないので、いつもレベルの安宿に移ってくつろいでます。

何となく楽しんでいただけたみたいで、良かった(^_^)
[PR]
by sei_97 | 2008-05-18 22:07 | ことば・本

全国大会一日め終了

酔っ払いましてます(@_@)

この病気になってから酒まったく飲んでなかったんスよ。薬との相乗作用が怖くて。

一応、効き目が切れれば大丈夫ってお医者さまに御墨付きもらって、時間調節して薬飲んで、接待で飲みました(^∇^;)

久々のビールは麦の香りがして美味しかったぁ(笑)

接待ついでに2次会も参加。しこたま飲みました(笑)

明日大丈夫か?わし(^_^;)
[PR]
by sei_97 | 2008-05-18 01:12 | ことば・本

地中海全国大会

明日から山口入りして準備です。

本番は17・18日。

たぶんクタクタになるので、18日は山口に泊まって、19日に帰宅します。


160名のお客様。
ちゃんとホストできるかな。

不安で死にかけてたけど、薬で何とか持ち直しました(苦笑)
[PR]
by sei_97 | 2008-05-15 23:40 | ことば・本

萩尾望都

友人の家を片づけてたら、いつか買って置きっぱなしで読んでもなかった萩尾望都のマンガが発掘されたので、持ち帰って、馬の上で読んでます。

『バルバラ異界』っていう、少し昔のマンガ。

読む度に、この人の構成力には感服しますわ。

でも、ついつい引き込まれてしまって、自分の中に入り込んでしまいそうになるので、あまり心が弱ってる時には読めないなぁと…。

『残酷な神が支配する』も読みたいんだけど、とりあえず治ってからにしようと思って買ってないのです。こわいよ。

いろいろ買い漁ってるけど、寝床で読み始めれば読み終わるまで眠れないし、爪は噛むし、涙はぼろぼろ出るし(健康な時でも)、読み終わった後ずっと余韻に浸ってるし。こんなマンガ家は他にいないと思いますわ(私にとって)。

マンガといえば、『もやしもん』が賞とりましたわね。快哉\(^O^)/
[PR]
by sei_97 | 2008-05-11 23:43 | ことば・本

理想の男性像

「前略プロフ」にも書いてるんだけど、私、男の人って四角い人が好きなんですよ。顔じゃなくてカラダね。

で、できれば背も高い方がいい。

角田さんなんかかっこいいんだけど、あれでもう少し背が高かったら言うこと無し(笑)

よーするに、「鉄人28号」みたいな(古!)


で、ずっとそれは何故だろうと考えてて、本屋で久しぶりに出会ったのがこの本。

e0099547_23275111.jpg


そして記憶とときめきが戻ってきました。

小学校2年生ぐらいの時に、初めて近所の私設図書館で読み聞かせをしてもらって以来、私の理想の男性ってこの人だったんです。

大きくて、優しくて強くて。そして四角い(笑)

e0099547_23292335.jpg

e0099547_2331254.jpg


いや、こんなにでかくなくてもいいんですけどね(苦笑)


でも、本は即座に買ってしまいました(*`▽´*)

斎藤隆介さんの作品はたくさん読んで、どれもつらいけど好きです。

それとセットのように、この滝平二郎さんの切り絵。

中でも、この「八郎」という話は私の幼心にぐっさりと刺さったんでしょうね。

読み返してまた泣きそうになりました。
[PR]
by sei_97 | 2008-05-10 23:32 | ことば・本

明日は少しましになれ

タイトルは私の敬愛する中島みゆきサマの「泥海の中から」という楽曲から。

ああ、前も書いた気がする(苦笑)

でも、いつもそう思ってなきゃやってられないし、
そう思いながら前に進まなきゃいけないと思うし。

「ふり返れ 歩き出せ 明日は少しましになれ」

WAJINさんが書いてくださったように、知らないところでたくさん人を傷つけてきてて。

だけどそれはもうどうしようもなくて。

でも、ふり返って歩き出すことで、二度と同じことはすまいと思えるはず。


今日の新聞にも似たような特集記事があって、
知らないがゆえの取り返しがつかない失敗。
だけど、そのことによってどれだけの人が傷ついたのかということを知ってしまったら、同じことは絶対にできないはず。

学力ではない、いろんな「知らなければならないこと」が、この世にはたくさんあると思います。
[PR]
by sei_97 | 2008-04-30 23:49 | ことば・本

中原中也(ETV特集)

面白かった。

何がって、中原中也にのめり込んでる人がみんな異口同音に
「中原中也が乗り移ってるみたいな」的なことを言って、
中也と同じような格好してパフォーマンスしてること(笑)

いや、バカにしてるとかそういうんじゃなくて。

中也は嫌いじゃないです。
むしろ好きな詩人です。

ただ、そこまでのめり込んでないから、ちょっと面白く感じたわけで。

でも、これってコトバの力だと思います。

彼の詩のコトバにはほんとに力があると思うのです。
しかもマイナス方向に働く力。

だから、読んでるとせつなくなるし、苦しくなるし、かなしくもなるし。

中原中也記念館に行った時、
「ああ、おまへは何をして来たのだと吹きくる風が私に云ふ」
って詩(タイトル忘れた)を読んで、ほんとに苦しくて泣いてしまったもの。


ETV特集はいつも作りがいいと思います。
今回も長かったけどずっと観てました(CMないのはつらいですね(苦笑))

せつないなぁ。
詩の同人誌『白痴群』を、元同人だった大岡昇平が批判したのに対して中也が返した詩「玩具の賦~昇平に」というのが紹介されていたんだけど、その一節。

(引用)
俺にはおもちやが投げ出せないんだ
こつそり弄べもしないんだ
つまり余技ではないんだ
おれはおもちやで遊ぶぞ
おまへは月給で遊び給へだ
おもちやで俺が遊んでゐる時
あのおもちやは俺の月給の何分の一の値段だぞと云ふはよいが
それでおれがおもちやで遊ぶことの値段まで決まつたつもりでゐるのは
滑稽だぞ
俺はおもちやで遊ぶぞ
一生懸命おもちやで遊ぶぞ
(引用終わり)

喧嘩腰なんで、思わず笑ってしまったんだけど、これを書いてる心境っていうのはすごく共感できるから、あとでだんだんかなしくなる。


相変わらずまとまらない文章だけど、
中原中也。

一言で言えば

「いいよね。困った人だけど」(あ、一言じゃない!)
[PR]
by sei_97 | 2007-12-30 23:55 | ことば・本

面白かった本

マンガなんだけど。

一つはすでに話題になりまくってるみたいだけど

『もやしもん』

これ面白いわ。今5巻まで出てて、まだまだ続くみたいだけど、なかなか知識欲を満たしてくれる。しかもキャラがかわいい(笑)

なにげに、今の「除菌ブーム」に警鐘鳴らしてる部分もあったり。こういうの好きだなぁ。



もう一つは、流行のエッセイマンガで、

『つれがウツになりまして』
『その後の つれがウツになりまして』

へぇ、そうなんかぁ、と思いながら読んだり、私と同じことしてる(突然思い立って薬全部やめて、フラフラになったり、妙に焦って逆に疲れてしまったり)と思いながら読んだり。

なかなか赤裸々に書かれてて、読みやすかったですわ。
[PR]
by sei_97 | 2007-12-05 23:59 | ことば・本