カテゴリ:テレビとか( 43 )

李方子

フジテレビのドラマを見たわけですが(笑)

方子さんが亡くなった時にウチの親なんかが「あー、とうとう死にはったんやねぇ」と感慨深そうに言ってたのを思い出して見てみました。

もちろん、岡田准一が主演だったので見たというのもあるんですけど(爆)

いやー、長ったらしいドラマだった。
途中で風呂入ったりしてもストーリーについて行けた(笑)

でも、知識として中途半端だった李氏朝鮮の最後あたりが何となくわかったし、そのあとWikiで確認したのでいろいろ納得いきましてございまする。

重いね、戦争がらみは。
嫌いなんだけどね、重いし取り返しはつかないし、日本人であることを恥じるしかないから。

中国だのコリアだのに対して反感を持ってる人もたくさんいるけど、やっぱり「現在」だけ見てたんじゃ話はこじれるばかりだと思う。

「無知は罪」

これはやっぱり真理だと思う。

さてさて、難しいことは抜きにして。
岡田准一はいい役者だねぇ。
表情がいい。目力がある。
役者は目で語れなきゃウソだね。
方子役(敢えて名前は言わないけど…検索とかでかかって文句言われるといやだから(笑))の下手くそさが際立つ。目力ないし、語りは下手だし、王女なのに気品もないし。他に使える役者はいないのかな。

いやいや、そうじゃなくて、岡田准一がいいって話(笑)
なかなか年取った役なんか若いもんにはできないんだけど、ちゃんと演じてるのが大したもんだ。どんな役でもこなせるんじゃないかな。

本を読むのが好きだという話を聞いたことがあるけど、やっぱり読書は人間をつくるんだと確信しますね、ああいういい演技見てると。

本読もうぜ、みんな(誰?)
[PR]
by sei_97 | 2006-11-24 23:21 | テレビとか

泣く

まあ早い話が今週も「Dr.コトー」観て泣いたわけですが(笑)

でもその実、ラストのみゆきサマの「銀の龍の背に乗って」を聴きながらひとりで浸ってたわけで。弱ってますものですから。みゆきさんの声は沁みます。とりあえずティッシュ2枚分の涙を流してみました。一曲の間に(笑)

泣くのはいいらしいですね。浄化作用。
涙と一緒にストレス成分が流れ出るというような実験をTVでやってた気がする。

泣き虫なのにだんだん泣けなくなるからストレス溜まるのかなぁ。
てなこと言いながら、たぶん普通の人よりもすぐ泣いちゃうんだけど。

さぁて、明日が済んだら東京さ行ってくるべ。
あんまり時間はないけど、青山の岡本太郎記念館にでも行って来ようかな。
もう敏子さんにも会えないけど。
でもあそこにあるオブジェたちはみんなあたたかいから。

さっさと寝て、早く明日になろうっと。
[PR]
by sei_97 | 2006-11-16 23:20 | テレビとか

両眼で泣く

いや、Dr.コトー見て毎週泣いてるわけですがw

わりと展開はベタなんだけど、まあベタがキモチいいっつーか。いい役者揃えてるしね。

新シリーズ第1回は柴崎コウの号泣みて萌え泣きしたし、第2回は入学式の父子の対面シーンで泣いたし、第3回は親子愛に泣いたし、今日は夫婦愛に泣いたし。

いいドラマだと思いますわ。
しかも言わずもがなですけど主題歌がみゆきサマでもあるし♪
時計見ながら「そろそろ終わるな」と思ってると、画面がすっとエンディング直前の、なんつーか、映画のパンフ的な構図になって、そこに静かにイントロが入って、その具合がまたいい。

で、まあ、両眼から涙がでるわけですよ。

私いつも右目から先に泣く習性があるようで、これちょっと調べてみると、右目の涙は左脳が刺激されて出てくるそうですね。左脳すなわち論理脳です。私は理屈でモノをこねくり回すのが好きなので、たぶん何見ても左が反応するんだと思うんです。

でも、このドラマは左目つまり右脳も刺激されてる。だから左目からも涙が出てくる。情が動くのが自分でわかる気がするんですよね。面白いなぁ。

ちなみに、演劇部の今回の芝居は何度観ても右目からしか涙が出てきませんの。そのかわり、右目からは滂沱ですけどね。でも、これが左目からも泣ければ、もっともっとみんなが感動する芝居になるんだろうなと。

結構泣き虫なんで、いろんな場面で涙がでるんだけど、左目が泣いてるのに気づくと「ををっ!」と思っちゃいます。

ちなみにこないだTVでやってた「右脳左脳タイプ」分類ではワタクシ「インプット右脳・アウトプット右脳」でございました(笑)
[PR]
by sei_97 | 2006-11-02 23:17 | テレビとか