<   2006年 11月 ( 40 )   > この月の画像一覧

積み崩し

asahi.comでみゆきサンの新アルバムについての記事を見つけたので読んでたわけですが。

一部引用。

「75年のデビュー曲を意識した表題曲や、当時の未収録作品をちりばめ、『原点』を見つめた『自分のことにストレートな、ある意味こっぱずかしいアルバム』と言う。」

「ラジオのDJなどで聞かせる、かわいらしい声で歌う収録曲『とろ』は、『まんま私ですから』と言い切る。〈全部変わりたいと思った〉〈他の人はどうして間違えないのだろう〉などとユーモラスに歌うが、『ここまでストレートに<はい、私です>と言った曲はなかった。かなぐり捨てました。』」

「『生死が表裏一体の物語を演じ、死んだ先へと踏み込んでみて、生きていて隠さなきゃならない、かばわなきゃならないことが、大したことじゃないと思えた。言ったことに責任をとらなくてはいけない恐怖感がこれまであったけれど、妙に腹が据わったんです』」


てな内容で(ほんとはもっと詳しいです)、これを読んで、今回のアルバムが今までとかなり違うなというのが納得できたわけです。

「原点を見つめた」と言えるものには2タイプあると思います。ひとつは「自己模倣」、もうひとつは「初心にかえる」。もちろんこのアルバムは後者です。今まで「ん~、自己模倣に陥りかけてるかな」と思わずには居られなかったものもありました。だから断言できます。これは自己模倣ではまったくありません。

「かなぐり捨てました」
「妙に腹が据わったんです」

この言葉にもそれは象徴されていると思います。


ここから短歌の話になりますが(短歌を含めた「表現活動すべて」かもしれません)、「原点をみつめ」「かなぐり捨て」「腹を据える」というのは、口にするのは簡単ですが、なかなかできることではありません。岡本太郎の言う「積み崩し」です。「積み上げ」ではなく。

自分が今まで積み上げてきたものを一度崩す。

一度崩して、かなぐり捨てて、残ったものが自分の表現の本質でしょう。それをするには勇気と胆ぎめとタイミングが必要だと思います。

私も短歌の師匠から「初心に戻ってごらん」と言われて久しいです。「下手くそなうたを詠みなさい」と言われます。「上手いね、と感心される歌よりも、下手だけど感動したと言われる歌の方がいい」と言われます。

やろうと試みても、そう簡単にはできません。
こわいです。
自分がつくってきたもの、みつけてきたものを捨てるのがこわいんです。

でも、たぶんそれができたら、新しい何かが見えると思います。必ず。

それを今回の中島みゆきのアルバムは成し遂げたんだと思いました。
…学ばなければ。

だからこそこんなに心に響くわけだし。
この強さは、それを乗りこえたひとのもつ強さなんだと思うから。
[PR]
by sei_97 | 2006-11-30 17:58 | ことば・本

こんな貼り紙

e0099547_22311319.jpg


ちょっと吹き出したんだけど、「その」って…。

普通は「こちらのレバーを」とか「このレバーを」とか、あるいは指示語なしで「レバーを」ですよね?

「この」は話している主体が、話されている相手よりも対象に近い場合に使う指示語です。
「その」は逆に、話されている相手の方が、話している主体よりも対象に近い場合に使われます。

で、「このレバーを」と書いてあった場合不自然を感じないのは、話している主体が「貼り紙」そのものだからなんでしょうね。貼り紙の方が明らかに私よりもレバーに近い。

じゃあ「そのレバーを」で何でこんなに違和感を感じるかというと、きっと話す主体が「貼り紙」ではなく、私よりもレバーに遠い位置に居る人、すなわち「貼り紙を書いた人=店員」だからなんでしょう。

トイレの個室で用を足して、さあ流そうと思うと、突然タンクの上の貼り紙が、そこには居ないはずの店員の存在をアピールしている。

これはなかなかドキッとしますよ(笑)
店員、自己主張しすぎ!(爆)

あまりに可笑しかったので写メしてると、娘が入っていた隣のブースからもシャッター音が!
同じ所に反応してんじゃねーよ(爆)
[PR]
by sei_97 | 2006-11-29 22:38 | ことば・本

ちょっと嬉しい

今朝缶コーヒーを買うのに150円入れたら、おつりが120円出たヽ('▽`)ノ

わぁい。
[PR]
by sei_97 | 2006-11-29 12:09 | つれづれ

やばい

とりあえず毎日更新してる(?)はずなんだけど途切れそうなり。

書くネタがない。
てか、書く気はあるんだけど今日ははからずもこんな時間(!)まで起きてたからもう寝なきゃ。





しゃべりコトバで「溜飲を下げる」とか使ったら笑われました。以上。
[PR]
by sei_97 | 2006-11-28 23:05 | ことば・本

06年自選短歌

正しくは05年11月から06年10月までの結社誌に載せた歌の中から7首自選。
(と、こうして一応「毎日更新」のお茶を濁そうという魂胆w)

   「柘榴石」

駝鳥には駝鳥のかなしみ雨を呼ぶ風が茶色の羽根をふるはす

花びらのひとつひとつにひとの名を書き込みて朝の行事を終へる

赤き星さえざえとあり勝てぬまま帰る夜道の少女のうへに

おんなじであり続くること六月の雨は静かに大地を濡らす

序列より締め出されたる星ひとつ冥府の王は闇に笑ひき

この夏をまだ終はらざるものとして蝉はしんしん鳴きつづけたり

終はりなき輪廻のそとで幾たびもきみの生まるる暁を待つ
[PR]
by sei_97 | 2006-11-27 20:12 | 短歌

どうも

深いですね。ウツが。
楽しいのは非常に断片的です。
あはは、と笑ってるのに黒いモノがそれを抑えつけにきます。

やばいなぁ。
でもまだ何かこうやって書こうとしてるからましだわね、きっと。

てか、何か書いてどこかに何か発信してないと潰れそうだからかな。
潰れるっていっても具体的にどうなるのかなんてわかんないけど。

でも明日は月曜日。
元気出さなきゃです。

ってことで寝ます(ォィ)

あ、下の記事のうた、私の芸風にしてはかなり暗いです。
ふだんはもう少しマシなテンションです。たぶん。
[PR]
by sei_97 | 2006-11-26 20:01 | つれづれ

たぶん来月の

結社誌に出すうた。
まだたぶん手直しするけど、とりあえずメモがわりに。
「短歌」カテゴリにあまりに記事がなさすぎるので(笑)



結び目の解けぬ夜更けに折れ爪の先で切り裂く満月の腹

声あげて泣き出しさうな夕暮れを蚊柱の中にねじ込み終える

アイシテルと百回書いて一回も伝えぬままの夜が更けてゆく

雪虫のふはりふはりと飛ぶ真昼きみの笑顔が思い出せない

少しだけ薬の量が増えましたゆるゆる動く世界のなかで

散りきった銀杏の黄色がくるくるとわたしのまわりを踊り続ける

散りぬるをちりぬるをなほ夢を見てゐたきこころに雪虫の舞ふ
[PR]
by sei_97 | 2006-11-25 23:21 | 短歌

自己嫌悪

みゆきさんの曲「重き荷を負いて」の歌詞の中に

    重き荷を負いて 坂道を登りゆく者ひとつ
    重き荷も坂も 他人には何ひとつ見えはしない

ってあるのにな。

どうも他人に押しつけてしまう。
同じじゃないのにね。

重き荷を負ってるんだろうと思うのも思い込み。
私が負ってる重き荷も他人からは見えない。

雰囲気壊しちゃうし、自分最悪。



でもね。

ほんとは一緒に泣きたかったんだ。

働いてる人ならわかると思ったんだ。



甘いなあ、自分。
[PR]
by sei_97 | 2006-11-25 23:09 | つれづれ

せんの

先日、娘と枕を並べて寝ておりましたら、とつぜん

「せんの。」(「の」にアクセント。広島弁で「しちゃだめよ」みたいなニュアンス)

ええ。
寝言っちゅーやつです。

そのあと、くすくすくすっと笑ってるんです。

ええ。
寝言の続きっちゅーやつです。



……
どんな夢を見とるんだ、こいつは???
[PR]
by sei_97 | 2006-11-25 17:47 | つれづれ

李方子

フジテレビのドラマを見たわけですが(笑)

方子さんが亡くなった時にウチの親なんかが「あー、とうとう死にはったんやねぇ」と感慨深そうに言ってたのを思い出して見てみました。

もちろん、岡田准一が主演だったので見たというのもあるんですけど(爆)

いやー、長ったらしいドラマだった。
途中で風呂入ったりしてもストーリーについて行けた(笑)

でも、知識として中途半端だった李氏朝鮮の最後あたりが何となくわかったし、そのあとWikiで確認したのでいろいろ納得いきましてございまする。

重いね、戦争がらみは。
嫌いなんだけどね、重いし取り返しはつかないし、日本人であることを恥じるしかないから。

中国だのコリアだのに対して反感を持ってる人もたくさんいるけど、やっぱり「現在」だけ見てたんじゃ話はこじれるばかりだと思う。

「無知は罪」

これはやっぱり真理だと思う。

さてさて、難しいことは抜きにして。
岡田准一はいい役者だねぇ。
表情がいい。目力がある。
役者は目で語れなきゃウソだね。
方子役(敢えて名前は言わないけど…検索とかでかかって文句言われるといやだから(笑))の下手くそさが際立つ。目力ないし、語りは下手だし、王女なのに気品もないし。他に使える役者はいないのかな。

いやいや、そうじゃなくて、岡田准一がいいって話(笑)
なかなか年取った役なんか若いもんにはできないんだけど、ちゃんと演じてるのが大したもんだ。どんな役でもこなせるんじゃないかな。

本を読むのが好きだという話を聞いたことがあるけど、やっぱり読書は人間をつくるんだと確信しますね、ああいういい演技見てると。

本読もうぜ、みんな(誰?)
[PR]
by sei_97 | 2006-11-24 23:21 | テレビとか