<   2006年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

疲れた…。

とりあえず大掃除で疲れた…。
そんなにしてないけど。

フセイン死刑執行のニュースで疲れた…。
報復の連鎖が起こらなきゃいいけど。

ウチのパパさんがよく働くので疲れた…。
人が働いてると働かなきゃ申し訳ないような気になるからだろうな。今はそういうこと考えない方が良いんだけど。

愚痴だらけの汚いブログ。
今日はもう寝ます。

みなさんごめんなさい。
[PR]
by sei_97 | 2006-12-30 22:52 | つれづれ

憲法九条を世界遺産に

ええ、今日も見てしまいました。「太田総理」。
だいたいこういう討論形式の番組ってのはわやわやに好き勝手しゃべってうるさいだけなのでキライなんですが、この番組はお行儀がいいので好きなんです。

特に太田光と石破さんのやりとりが好きです。
お互いに主張は違うけど好意を持ってるなぁというのが伝わってくるし、何より、お互いがお互いを尊重して、ちゃんと意見を聞いてから反論する。そこが良いですね。気持ちが良い。

中沢新一との対談『憲法9条を世界遺産に』も面白かったけど、私としては、石破さんとの対談を是非出してもらいたいところ。防衛問題とか核の話とか。もちろん今日のテーマの憲法9条の話でもいいけど。

中でも感動したのは、石破さんの「力がないと秩序は保てないんですよ」との言葉への太田の返し。

「確かに力があれば秩序は保つことができるだろうけど、われわれはオトナなんだから、その先を考えなきゃいけないと思う。力っていうのはインパクトが大きいから、コトバを消してしまう。そうじゃなくて、コトバできちんと秩序を保てる方法を探していかなきゃいけないんじゃないか」と。

ウロなので文言は違うと思いますが、概ねこのようなことを、いつものごとく額と首にスジ立てて一生懸命言ってました。

チャップリンの『独裁者』のラスト「6分間の演説」と呼ばれるあの名シーンを彷彿とさせるほど沁みました。泣きそうになりました。

今、「コトバできちんと秩序を保てる方法を」なんて声高に言える人がいったいどれだけいるでしょう。このキナくさい世界で。その勇気にも感動しました。信念がないと言えない言葉だと思います。

    ファイト!
    闘うきみの歌を
    闘わないやつらが笑うだろう
    ファイト!
    冷たい水の中を
    身をよじってのぼってゆけ
    ファイト!
              中島みゆき「ファイト!」

私も早くウツから脱却してコトバの戦線に赴くから。


そんなこと考えました。
[PR]
by sei_97 | 2006-12-30 00:02 | テレビとか

石の風車

昨日病院に行った帰りに、有漢町という所の、「うかん常山公園」にある石の風車を見てきました。

ライブカメラがあったのでここに貼り貼り。(携帯からはたぶん見えませんm(。_。)m)

石でかざぐるまを作ってあって、金属のシャフトで大きな岩にそれを設置してあるんです。で、けっこう微風でもくるくる回る。なかなか、石が回ってるってのは不思議な光景です。

e0099547_23494135.jpg
e0099547_23495738.jpg


こんな感じ。

で、あと面白かったのはそこのトイレの貼り紙。

e0099547_2350439.jpg


とりあえず、声に出して読んでみると面白さが倍増すると思います。
「ドァー」だしね。
「はいりま   す。・・・・」だしね。

いやぁ、岡山って面白いわ(笑)
[PR]
by sei_97 | 2006-12-28 23:53 |

クソ親

今日ファミレスに入ったら、大きな音で「クレヨンしんちゃん」のテーマ曲が流れてて、それに続いてどうやらアニメ自体も始まったみたい。

店にはテレビみたいなものはないから、一体どこだろうとキョロキョロしたら、少し離れた席に4歳ぐらいの男の子がいて、その子がDSよりちょっと大きいポータブルの何かで、それを見てるらしい。席の正面にはその子の母親らしき女。そして、隣の席にはその連れらしき2人の女。おしゃべりに余念がない。

ちょっと待てよ。
ファミレスでおしゃべりはまあいいよ。
でもそこで音出してアニメ見せるなよ。

店員さんが丁寧な言い方で注意しに行った様子。
これで止むかなと思いきや…

全然気にしてる様子がねぇ!!


おいっ!公私のけじめぐらい躾けろよ。
てか、親が公私のけじめついてねぇぇ!!

公の場所では周囲に気を遣うというのは最低限のマナーじゃないのか!?

こうやって育てられた(育った)子どもが将来どんな人間になるか目に見えてしまうからイヤだ。子どもは悪くない。
どこからどう見ても親が悪い。

誰か親を躾けてくれ!

子を作る前に「子育てがきちんとできるかどうか検定」でもして、それにパスしなきゃ作るな、って法律ぐらい制定してもいいかもしれない。

公私の区別のつかない親自体も、その親から躾けられてないんだとは思うがな。
連鎖していくじゃないか。

電車の中での化粧。
路上キス。
公然たるボディタッチ。
病院や電車の中での携帯電話の使用。
歩きタバコ。

これが例えば学校での喫煙とか、暴力とかイジメとかと直結してないか?
これが例えば殺人に直結してないか?

知り合いに唇ピアスの穴空けてる高校生がいる。
だけど、その子は絶対学校にはピアスつけていかない。
プライベートで遊びに行くときはちゃんと変身してる。

それが公私のけじめってことじゃないんですかい。

外に出れば出たで暗澹たる気持ちになる。
教育基本法の改正だのなんだの言う前にやることがあるだろ。
国が口出すことじゃないかもしれないけど。

でも誰が親を躾けるんだ???
[PR]
by sei_97 | 2006-12-27 23:04 | 教育とか社会とか

ちゃんこ♪

ここ2日ほど理屈っぽかったので今日は簡潔に。

こないだTVでやってた「朝青龍の大好物の鶏塩ちゃんこ」(名前はたぶん嘘)というのを見よう見まねで作ってみました。

①熱した鍋にごま油をひいて、刻みニンニクを焦げ色がつくまで炒める。
②鶏のぶつ切りを入れて表面の色が変わるまで炒める。
③銀杏切りの大根・半月切りの人参・ささがきゴボウ・キノコ類、その他いろんな野菜(ウチではほうれん草とキャベツを入れました)をぶち込んで水を入れて煮る。
④味付けは塩コショウ(適当)とコンソメ(適当)。
⑤煮立ったらアクが浮いてくるので少し丁寧に取る。
⑥さらに煮る。

できあがり。

めちゃくちゃ美味しかった。
そのままラーメン入れてもいいみたいな味(どんなの?(笑))

とにかく野菜がたっぷりなので安心して食べられるし。暖まるし。
そのままスープ的にいただいてもいいけど、ご飯ぶち込んでぶっかけ飯的に食べてもOK。

七草がゆの時にもこれでいけるな、とほくそ笑んでおります。
[PR]
by sei_97 | 2006-12-26 22:22 | つれづれ

そうですね…無理っ!

昨日の師匠との電話の話の続き。

「あなた中島みゆきは卒業したのかと思ったらまだ聴いてるの?」

「あはは、はい。愛してますから」

「弱ってる時に聴くのはあまりよくないかもしれないわよ」


まあ、師匠は中島みゆきサマがどんな歌を歌ってるかとかあまりご存知ないわけですが。(とりあえず「地上の星」ぐらい)

かつて、師匠が精神的に参ってる時に、夏目漱石ばかり読みふけっておられたと。そこに、師匠の師匠(これがすごく洞察力も行動力もある、岡本太郎のような人、もちろん歌人です)がたまたま近くに来られて、

「おまえ、夏目漱石は読むな」

と言われたのだとか。
漱石を読みふけってるなんてことは一言も言ってないのに、唐突に言われて驚いたそうですが、曰く、

「おまえと漱石は同じだ。だから読むな。森鴎外を読め。ん?金がないのか?じゃあ金は貸してやるから森鴎外の全集を買え」

と言われたそうな。

師匠は、漱石が好きなだけあって、鴎外は苦手で、もちろんお金など借りずに、全集本の1冊だけをとりあえず買って読んだんだそうですが、やっぱりどうしても好きになれなかったので、結局全集は買わなかったと笑っておられましたが、

「あの時、ちゃんと言うこと聞いてたら10年も闇の中にいることはなかったかもしれないわ」

としみじみ。そして、

「私はK先生(師匠の師匠です)のような洞察力はないから、確信を持っては言えないけど、でもあなたと中島みゆきも同じなんじゃないかと思うのよ。だから」

と。

つまり、自分にとって影響力が強くて知らず知らず同じようなものの見方や受け止め方をしてしまうような先人の世界に浸っていると気持ちが良い。気持ちが良くて、その世界に籠もってしまう。現実と向き合うことをしたくなくなってくる、と、そういう話でした。

なるほど、そのとおりだと思いました。
気持ちがいいんですよ。特に今回のアルバムなんか、ほんとにみゆきさんが語りかけてくれてるようで、包み込んでくれてるようで、そばにいてくれてるようで。

だから確かに外の世界なんか見たくなくなると思います。

じゃあ今日限りみゆきサマは封印かというと、そんなことできるわけない(笑)

ウチの師匠のすごいところは、

「私がこう言っても、あなた絶対中島みゆき聴くのやめないでしょ。我が強いものね。私もK先生に言われてもやっぱり漱石読んでたしね。ふふ、いいんじゃないかな、それも。思い切り浸って、元気が出たらちょっと外に向かってみれば。ね。」

って。押しつけないんです。

あはは。
だから私みゆきさん聴くのやめません(笑)
無理っ!(笑)
[PR]
by sei_97 | 2006-12-25 23:30 | みゆきサマ・カラオケ

なるほど!な話

短歌の師匠から久しぶりに電話がかかってきて、いろいろ話をしたんですが、面白い話を聞きました。

まだ師匠が40歳そこそこの頃の話。
気持ちがかなり病んでて、知り合いのお坊さんのところに転がり込んだそうな。そこでの話。

山奥にある修行堂のような所だったので、山アリが家の中に入ってくるんだそうな。それで、噛まれると痛いしってんで、その山アリを見つけるたびに箒で掃き出してたら、お坊さん曰く「あんたは鬼のような形相をしている」と。そして黙ってアリの通り道を辿って、家の外の通り道に砂糖を盛ったんだそうな。もちろんアリはそっちに群がるので家に入ってこなくなったと。

もう一つ。

お坊さんは昼間は托鉢に出かけるので、夕飯を作る役目を仰せつかったと。んで、なんせ山奥の修行堂なので水道なんかないし、山から筧を引いて甕に水を溜めて、それを使わないといけない。でも町育ちの師匠はその甕の水を、水道水のようにふんだんに使って野菜を洗ったり洗い物をしたりしていたわけです。やがて甕の水は減って、しかも柄杓で何度も汲み出すから底に溜まっていた木の葉や砂が浮き上がって水が濁ってしまったそうな。そうなると米が炊けない。困り果てているところにお坊さんが帰ってきて、「山からの水が甕に溜まって、水が落ちついて上が澄んで来るまでは晩飯はおあずけだな」と静かに修行に入られたと。

で、師匠曰く、

「私は自然の中に身を任せることを知らなかったのね」と。

「自然を大切にするっていうのは、自分も自然の中の一員だという意識を持って、自然に逆らわないように慎ましく共存するということなんだと、その時思ったのよ」と。


なるほどなと思いました。
何が自然で何が自然に逆らうということなのか、っていうのは簡単に定義づけはできないけど、しんどい状況、しんどい気持ちになるっていうことは、どこかで自然に逆らってるのかもしれないな、と思いました。


心療内科のお医者さんに言われたことを思い出しました。

「体や心の声をたまには聴いてやらないといけませんよ」

これもまた自然に身を任せるということなのかな、と。

今日は殊勝な記事にておやすみなさい(^^ゞ
[PR]
by sei_97 | 2006-12-24 23:53 | ことば・本

3連休??

昨日はすっかり寝ぼけてたみたいでござる。
なーにが3連休だ??
普段通り土日が休みなだけでしたorz

でも、昨日あれから寝て、今日昼頃起きて、「生活笑百科」と「よしもと新喜劇」見て、また寝ました。そして今すでに眠たい…。

3連休並みに寝てますな。

年賀状書かなきゃいけないのに。
大掃除もしなきゃいけないのに。

年末シフトでマジメに働いてる人たちごめんなさい。
[PR]
by sei_97 | 2006-12-23 22:16 | つれづれ

やっと一週間

明日から3連休だ。やっほぉ!

てことで今日はさっさと書いてもう寝るべ(笑)

こないだネットうろついてて発見したサイト。

その名も

「DQN名前・読み取り検定試験」

なかなか難しい。
てか、こんな名前つけるなよ!(笑)

どうぞつれづれにお試しあれ。
[PR]
by sei_97 | 2006-12-22 19:36 | ネット

テレビっ子

タイトル書いて久しぶりにこういう言い方聞いたな(っていうか自分が書いてるんだけど)と思った。最近言わないよね、テレビっ子。言うのかな。

まあ、そんなこんなで今日は木曜日。「Dr.コトー診療所」の最終回でございました。

「医者で在り続けることの意味を問いながら生きていく」

みたいなセリフが妙に心に沁みましてね。

何でもそうだな、と。

「私で在り続けることの意味を問いながら」
「この職業で在り続けることの意味を問いながら」

冨田氏のこないだの芝居「チャイム」の教師小休が考えてたのもその辺なんだろうなとか。

「怒ってる間は先生と呼ばれてもいい、そう思う」

なんだろうね。
何で考えながら生きていかなきゃいけないんだろうな、って思う。

何も考えずに生きていくことはイヤだし、そんな人生は面白くないと思うけど、でもしんどいよねえ、問い続けながら生きていくっていうのは。

でも、問い続けながら生きていかないと、生きてる意味なんてすぐに見失ってしまうような気がする。だから考えるんだろうな、とか。

ああ何書いてるのかわかんなくなってきた(苦笑)




私は、今の仕事が好きです。
ある意味、コトー先生が医者であることの意味を問うように、私は自分の仕事について問い続けてるんだと思います。だからこんなにしんどいのかな、なんて、これは自分を良く言いすぎだな(笑)

ラストでコトー先生が、「僕が往診する人たちはみんなどこか病んでる人たちなのに、気がついたら僕の方が励まされてる」みたいなことを言ってて、これも同じだなと思って。立場的に。

だったら離れることなんかできないじゃないか、と思ってみたり。
でも今の状態に耐えきれない自分もいて。
まあ、ウツだから仕方ないんだけど。

早く穴から抜け出したいな。
ダンプカーと呼ばれた自分に戻りたい。
今はガス欠のボロ車だから。

さ、寝よっと。
[PR]
by sei_97 | 2006-12-21 23:36 | テレビとか