<   2007年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

血中高知濃度が…

足りなくなってきてます(笑)


もう、高知行きたくて行きたくて。


例年2月か3月には行きたくてたまらなくなります。


「高知で一足先の春」を感じたいのかな。


今年なんか暖かいから、きっともう菜の花も咲いてるかな、なんて思ったり。
海の色は変わってるかな、なんて思ったり。
山は新芽の色になってるかな、なんて思ったり。


かつおのたたき!


…おっと、欲望が溢れた(結局そこかよw)


高知には何があるのかというと、

太平洋。

四国山地。

かつおのたたき他おいしいもの。

以上。


書いてしまうと「以上」なんだけど、あの太平洋の広い広い大きな大きなそして黒い海を見てるともう何ていうのか「はぁぁぁぁぁぁ」って感じなんですね。そして、振り返るとめちゃくちゃ高い山が壁のようにずーーーっと聳えてて、国道とは名ばかりの細い道がその山を越えて続いてるわけです。行けども行けども山。上っても上ってもまだ高い山が目の前にあって。峠を越えるとガンガン下る。これも何とも言えない心地良さ。


そして食べ物。
高知でまずい食べ物に出会ったことがまだないんですよ。どんな小さな居酒屋でも古ぼけた店でも、道の駅的なところでも、美味しい。そして人がカラッとしてる。


あああ。
書いてるとますます高知行きたくなってきた。
もはや禁断症状(苦笑)


来週は、ラーメンズの公演を観に神戸まで行きます。
金がないから来月までお預けかな、高知。


だれかお金ちょうだい(をい)
[PR]
by sei_97 | 2007-02-16 23:11 |

止まり木

昨日はブログ書かずに寝ることにして寝室に上がったら、インコちゃんたちもお休みになられていて。


いつもなかなか写真には撮れなかったんだけど、今回はなんとか激写。


e0099547_9154297.jpg



この子たち、いつもこんな感じで寝てるんです。
電気つけちゃったから目を開けてるけど、この状態で目を閉じて頭を下げて、インコ玉になってるんです。ふかふかと。

…鳥なんだから、止まり木で寝ろよ。
なんで床にうずくまって寝てるんだよ、2羽揃ってw
[PR]
by sei_97 | 2007-02-16 09:17 | つれづれ

バレンタインデー

ウチの親父さんは、齢70余にして10個もチョコレート抱えて得意気でありんす。しかもこのぐらいの歳になると、どれもこれも高級そうなのばかり(手作りは孫からの一つだけ)。


さすが、日頃からリップサービスを怠らないだけあるよね。


「それがまた全部義理チョコだってんだからねぇ」

と冷やかしてやったら、


「いや、本命もあるで」

とのたまう。


………。

そりゃそうだ。
おかーちゃんが渡しよったわ。本命だわなぁ。

妻から渡してもらったものを素直に「本命チョコ」だと信じるのも世間一般ではどうかとも思うけど、ウチに限って言えば、おかーちゃんは一途な人なので、まあ本命間違いなしですな。


あっちこっちで何だか華やかだなぁ。
昨日は夜になってからクロネコさんまで行かされたしw


で、気がついたら。

私、自分の本命チョコを作っても買っても、もちろん渡してもない…(^^;
ゴメンナサイm(。_。)m
[PR]
by sei_97 | 2007-02-14 22:55 | 季節

飛行機雲

夕方空を見たら、飛行機雲がたくさんありました。
これ以外にも3本。
全部夕日の方に続いてました。

e0099547_232436100.jpg


(1本だけ飛行機雲じゃないものがありますw)
[PR]
by sei_97 | 2007-02-13 23:25 | つれづれ

何か書きたい

そろそろそんな欲求が兆してきました。

 
でも今のところネタがないし、もう一歩踏み出すエネルギーもないみたい。


もう少しかな。


…なんて言ってると、何も書かないうちに職場復帰の時期になっちゃうんだろうなぁ。
せっかく休んでるんだから小説や戯曲の数本書きたいんだけど(苦笑)


とか言いながら、短歌数首つくるだけで疲弊してるのが現状なんですけどね(^^;
[PR]
by sei_97 | 2007-02-12 22:47 | ことば・本

最近

眠りが浅くなったのか、夢ばかり見てます。

ここ数日は怖い夢だったり焦る夢ばかりで、寝るのがイヤになるほどだったんだけど、昨日のタイムスリップ効果か、今日はなんだかすごくあったかい夢を見ました。

楽しかったりやさしかったり、全然こわくない夢。

久しぶりにそんな夢見たなぁ。


右手に海を見ながら坂道を駆け下りました(夢の中で)。
きれいな海でした。

どこなんだろう。


高知行きてぇ(またかよ(爆))


悔しいので(何が?)高知から室戸に向かう道で撮った写真でもUPしておきます。

e0099547_23111617.jpg

[PR]
by sei_97 | 2007-02-11 23:12 | つれづれ

タイムスリップ

高校時代の友だち(唯一の(爆))と数年ぶりに会ってきました。

すげードキドキしてて。
ちゃんと話ができるかなとか。
なんつーか、話題がもつかなとか。


基本的に人間関係障害なので、人と会うっていうとすごく緊張するわけです。


でも楽しかった。
杞憂でした。
相変わらずかなりヘンなヤツのままでした(←これ絶賛のコトバ)


話すとみんなに笑われるんだけど、
昼休みになると弁当袋持って理科室(無人)に直行。
理科室の広い机のあっちとこっちに向かい合って座って、お互い弁当箱のフタを立ててそそくさと、ほぼ無言で食べて、それから準備室に入り込んで鍵のかかってない戸棚から薬品出してきて試験管に混ぜ込んで遊ぶ、っていうようなことしてました。


爆発とかしなくてよかった、と今になって思いますけどね(笑)


変な気体がボコボコ出てきたこともあったし、何かが静かに沈殿していって、モヤモヤした何かが対流してることもあったし。

科学者気分ではなく、創世主気分に浸ってました。


休み時間じゅうずっとESPカードの当てっこしてたり。
(これが高じて、センター試験1か月前に、「1ヶ月間追い込みで勉強するか、超能力を磨くか」と真剣に悩んだりしたわけですが(笑))


たとえば今日、彼女に「ESPカードやろうよ」って言ったらすぐに始めちゃいそうな、そんな雰囲気でした。


嬉しいなぁ。
[PR]
by sei_97 | 2007-02-10 23:16 | つれづれ

一言でいえば「うるさい」

いや、ファミレスなんぞに昼過ぎに行ってみるとですね、どうやら試験中らしくあちこちに女子高校生がいるわけですよ。


きゃぁきゃぁと楽しそうにおしゃべりしてるのはいいんだけど、もう少し声小さくできないかなぁと思うわけですよ。


店の端っこの方に幼児が親に連れられて来てて、そのこどもたちも楽しそうなんだけど、声の大きさが全然違う。


おばさんたちの一群も、比べものにならないくらいボソボソと話をしてる。


私も高校生の頃はああだったかなぁ、と思い返してみたりして。
いいや、あそこまでは…と思ったり。


でね、まあ何故あんなにけたたましく笑い、声高に話すのかを考えてみたわけです。


おそらく教室ではそんなに悪い子じゃなさそうな子たちで、
たぶん授業中は静かにしてるんだろうなと思うわけです。


ふむふむ。
じゃあこれは、抑圧からの解放感ゆえか、と。


似たようなものに、オトナの酔っぱらいというのを思い出しました。


オトナはいろいろしがらみが多いから、ファミレスごときじゃ抑圧から自分を解放はできないだろうなと。


もう一つは、集団ゆえの賑やかさですわな。


Aさんが何か面白いことを言う。
それに対して笑ってあげることが「付き合い」であるとしたら、Bさんは笑う。
CさんはBさんと同じかそれ以上に笑ってあげないといけないでしょうね。
DさんはそのCさんと同じかそれ以上に…

と連鎖していって、あの喧噪になるのかなぁと。


そう考えると、まあうるさいけど彼女たちもいろいろ苦労があるんだろうなあと思ったりしてた矢先、ひとつ隣の席の女の子が、立ち上がって友だちに紙飛行機を飛ばし始めました。


おい!
ここは教室でもないし、自分の部屋でもないんだぞ。

ま、とりあえず眉を顰めて睨んでおきましたけどね。


【今日の結論】
女子高校生の多くは、
「天衣無縫」も「傍若無人」も読めないし、
まして意味など知るはずもないので、
自分たちが「傍若無人」であるということがわかっていない。


【おまけ】
「天衣無縫」の読み方と意味を習ったとき、
「あー、これ、私たちのことだー」
と思うかもしれないが、それは大きな間違いである、と誰か教えてやってくれ。
[PR]
by sei_97 | 2007-02-09 23:41 | つれづれ

バレンタイン近し

ということで、配送業をしてる知り合いが、こんなチョコレートをもらってきてました。


e0099547_2240334.jpg


文字がよく見えないので拡大。

e0099547_22401374.jpg


「英心」って何だって?
はい、広島カープの期待の星、梵英心のことでございますよ。

梵の地元三次市にある酒造会社が「英心」というお酒を造って応援してるらしいです。

パッケージもカープの赤。


すごくうらやましそうに指くわえて見てたら、くれました\(^O^)/
ちゃんとしたトリュフでした。
おいし♪
[PR]
by sei_97 | 2007-02-07 22:44 | 季節

今月の結社誌出詠歌

今日は横着をして歌だけでござる。


    『 混 沌 』

★濃い霧のはれゆくあしたすることもないまま空をただ見つめをり


★苛々と追い詰めらるる夢の覚め今日もこころを持て余すなり


★すれちがう人のこぼせしほほえみにこころが一瞬やはらかくなる


★文字のみの付き合ひなれどやはらかきことばに浸るここち良き朝


★ひよこ草あをあをと生え確実に春の来てゐる証と思ふ


★世の中に背中を向けて過ごす日々インコ一羽に呼びかけらるる


★たすけてと小さき声でつぶやけば朝日は霧の彼方に丸し
[PR]
by sei_97 | 2007-02-06 23:14 | 短歌