<   2007年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧

うぁ3月が終わる…

短歌の締め切りが近い…。ヤバイ。

って、毎月言ってるなぁ。

4月から職場復帰のはずだったんですが、いろいろ手違いその他あって、4月から本気でリハビリ。5月1日復帰できたらいいな、みたいなペースでいきます。病休は5月いっぱい取りました。

何が何だって、体力が落ちてる。
少し歩いただけで足がだるい。
これは致命的。
体力とテンション勝負の職場ですから(どんなんや(苦笑))

丸一日体力とテンションを保って、一晩の睡眠でその疲れを解消できる自信がついたら復帰だな。

…できるのか!?(爆)
[PR]
by sei_97 | 2007-03-31 23:57 | 季節

筋肉が喜ぶ

「筋肉番付」の芸能人版みたいな番組見てました。

私、跳び箱も馬跳びも、一回も飛んだことないんです(-_-;)

小学校の時、先生が地面にうずくまって「これなら跳べるやろ、跳んでみ」って言ってくれたんだけど、その時は、先生にそんな格好までさせて…っていう申し訳なさに足がすくんで、なおさら跳べませんでした(笑)

馬跳びは友だちどうしで遊ぶときによくやってたけど、私は、馬の背中に手をついて横をすり抜けるだけで「跳んだこと」にしてもらってました(お姫様扱い(爆))

元体操部だったっていう友だちが、
「一度跳べたら、筋肉が喜ぶんだよ」
って言いました。

筋肉が喜ぶ。

私はいつも脳みそ先行だから、筋肉を喜ばせてやったことなんかないよな、と思いました。

室伏がハンマー投げて「ぐおおおおお!!!」って叫ぶとか、今日の番組でわっきーがラストに「わああああ!!!」って叫んでるとか、あれって、喜んでる筋肉が発する声なんだな、と思いました。あの叫びにはいつも感動します。感動するってことは、たぶんダイレクトに心に響いてくる叫びなんだろうし、ということは、頭(脳みそ)経由の叫びではないんだろうなと思います。

動物の雄叫びのようなもの。
そして、それをキャッチするこちらも、動物的な部分で共鳴している。

筋肉を喜ばせる。

物心ついてから一度もそんな経験ないよな、と思って少し自分の脳みそが疎ましくなりました(苦笑)

でも、この歳になっては、もはや筋肉さんとそんなに仲良くはできないだろうから、筋肉を喜ばせるのは来世かな、なんて思ったり。
[PR]
by sei_97 | 2007-03-30 23:38 | テレビとか

うさぎの食べ物

どっさり。

e0099547_23302436.jpg


中国から来た女の子が、

「日本の人はどうしてウサギの食べ物を食べますか。中国人は、ウサギを食べます」

ってケラケラ笑ってたのを、つくし見るたびに思い出します。

でも美味しいもんねっ。

e0099547_23315169.jpg


山ほどのつくしを、山ほど卵とじにしました(^_^)
[PR]
by sei_97 | 2007-03-29 23:32 | 季節

只今帰宅

朝8時半に出かけて、夕方一度ブログ書きに帰って、それから今帰宅。
あほみたいに疲れました(苦笑)

でも、ほぼ1年ぶりに見る彼は変わってませんでした(^_^)

ストイックでシャイな少年のままでした。

いいねぇ。少年ってのは。
少女もだけど。

私の中で「少年」「少女」というカテゴリに属するのは、やっぱり何かストイックさを秘めているというのが絶対条件のような気がします(←めっちゃ勝手(笑))

そして、そういう少年や少女はうつくしいと思います。


ちなみに、昨日勝った泉ヶ丘高校だっけ、宮崎の。
あの高校生たちの、校歌うたってる時の表情なんて、もう、もらい泣きならぬもらい喜びしてしまうほどかわいかったなぁ。「かわいい」というより「かはゆし」ってかんじ。

そこにもやっぱりストイックさがあるからだろうと勝手に判断。
[PR]
by sei_97 | 2007-03-28 23:19 | つれづれ

「ひこうき」真相!

行ってきました。
手作りパンの店「ひこうき」本店!

e0099547_1543198.jpg


で、こないだ買って美味しかった食パンと、ぶどうパン買いました。

で。

「あのー、このお店、どうして『ひこうき』って言うんですか?」

「ああ、それはね…」

ニコニコした奥さんが教えてくれた「ひこうき」の謎とは。


ここのオーナーに子どもさんが4人いて、その子どもたちの名前を1文字ずつ取ったら「ひこうき」になったんだそうです。

これは意外な真相。
「ひこうきが好き」とか、
「ひこうきのように飛べ」とか、
そういうんじゃなくて、子どもたちの名前ってのはいいなぁ。

ほんわかするなぁ。


ちなみに、このお店の商品袋に書いてあるイラストが、その4人の子どもさんなんだそうです。

e0099547_15463723.jpg


あったかい気持ちになりました。


えっと、岡山県井原市の、国道486号線沿いにある小さなお店です。
でも品揃えはけっこうあるある。

もし行かれることがあれば、寄ってみてくださいませ(って宣伝してね、って言われました(笑))
[PR]
by sei_97 | 2007-03-28 15:48 | つれづれ

次のステップ

診察(って言っても面談ですが)終わりました。いいお医者さんだったので淋しいなあ。


絵本はすごく喜んでもらいました(^_^)子どもはまだいないって言われたけど(苦笑)


「いい絵本はおとなが読んでもいいものですよね」と言ってもらいました。うん。その通り(^_^)


日常から逃げるように、隣の県にあるこの病院に通ってたんだけど、転院先は職場の近く。ちょっとだけ自分と闘おうと思えるようになりました。

だから、第2ステージです。

春だしね。
[PR]
by sei_97 | 2007-03-28 12:06 | つれづれ

明日はデート♪

先日書いた、知り合いの元浪人生(専門学校に進学が決まった彼)と、明日夕方会うことになりました\(^O^)/

ティム・バートンを私に教えてくれた子なんです。
ネットでだけ公開されてた「ステインボーイ」というミニアニメを熱烈に薦めてくれて。
私がそれを見たときには日本語吹き替えが終了してたので、英語のセリフはまったくわからないし、まあ何となくしか理解はできなかったんだけど、それがきっかけでティム・バートンにはまるようになったのでした。

別ルートで「シザー・ハンズ」の良さは聞いてたんだけど、それが同じ作者だということがわかったのはその時でした。

で、それなのにそれなのに、他の作品はひとつも知らないっていうものだから、もうムリヤリにでもDVD貸しちゃおうってことになって。まだ入学まで間があって、ヒマを持て余しているって話だったから。

ということで、明日夕方から会って、ついでにもう一人のおともだちを誘って、カラオケにでも行ってこようかなと。おとなしくてマジメでカラオケなんかも歌ったことないって言ってた子なんだけど、その昔ムリヤリ(やっぱりムリヤリ(笑))連れていったら、すごく美しい声で「アゲハ蝶」(ポルノグラフィティ)を歌ってくれて。いやぁ、もう一度あの歌声が聞きたいわ、ってことですのよ。

ほんとに何だろ、かわいいヤツで。
大好きなの(爆)

明日は忙しい日になりそうです。
[PR]
by sei_97 | 2007-03-28 00:10 | つれづれ

明日は病院

さぁて。
「ひこうき」本店に突入してみようかな(笑)

明日で、今行ってる病院から転院します。
担当だった先生が3月いっぱいで転勤されるそうなんで、新しい先生になるんなら、もう少し近くの病院でもいいかな、とか。職場復帰も睨んで、近くの方がいいと思ったり。

優しい先生だったので淋しいです。
こないだ行ったとき、薬指の指輪をチェックしてきたので、既婚であることは確か。子どもさんがおられるかどうかわかんないし、歳もわかんないんだけど、一番お気に入りの絵本をお礼にプレゼントしようと今日買ってきました。

けっこうみんなにプレゼントしてる本なんですが、
『もこ もこもこ』(文・谷川俊太郎/絵・元永定正)という黄金コンビの作った絵本です。

ウチの子には生後6か月のお祝いに買ってやりました。
今でも大好きな本みたいです。

だから、きっと何歳でも楽しめると信じてます。

受け取ってくださればいいなぁ(基本的に医者って患者からのお礼は受け取りませんよね)。
[PR]
by sei_97 | 2007-03-27 23:59 | つれづれ

咲き始めました。
1本の木に2~3輪、ほころんでいるのを見つけました。

この季節になると、私の大好きな佐藤さとるさんの童話「誰も知らない小さな国」シリーズの第2話「豆つぶほどの小さな犬」の中に出てくる詩を思い出します。

コロボックルたちが新聞をつくることになって、その編集部に入ってるちょっと生意気な女の子が、紙の切れ端に書いた詩です。

  うめがさいたら
  うめのはなびらに
  うたを書こう

  はなびらひとつに
  うたがひとつ

  風がみつけて
  くばって歩く

  でも風は読めないものだから

  シンブン シンブン
  はなびらのシンブン

っていうの(たしか)。

その女の子コロボックルもかわいくて(今で言うツンデレ的なキャラかなぁ)、その子に翻弄される若者コロボックルもかわいくて。二人はこれをきっかけに恋におちるんですけど。

車運転しながら、ついつい口ずさんでしまう詩です。
[PR]
by sei_97 | 2007-03-27 20:05 | 季節

桜ちゃん死んじゃった

夕方、外出先から帰ってみたら、ヒナの鳴き声がしなくなってました。

中をのぞいたら、他の卵とか下敷きとして入っている板に圧迫されたのか、死んでました。

板は外に出しました。

せっかくみんなに名前つけてもらったのにねえ。

ちいさなちいさな亡骸をさくらの木の下に埋めてやりました。

さくらんぼの木なので、きれいな桜の花じゃないけど、一枝折って、その上に置いてやりました。

e0099547_062758.jpg


早く生まれ変わっておいでね。
[PR]
by sei_97 | 2007-03-27 00:07 | つれづれ