<   2008年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

養育費督促の巻

養育費がかれこれ10年ばかり滞納されてて、結構な額になっちゃってるんですよ。

今まで仕事にかまけてたり、休職してからはなおさら病気のせいで元気でなかったりしてたんですが、今日、弟にケツ叩かれて、家裁に行ってきました。

それまでも、何度か直接むこうさん(元夫)の職場に電話したりして、柔らかめに「払ってね♪」って言ってたんですが、まったく梨の礫だったもんだから。

で、家裁行ったら、相手の住所がわからないといけない、と。
最近住所かわったらしくて。

んで、まあついでだからと思って職場に電話をかけて聞いてみたんです。

もーね、話とかするのもイヤだし、できれば事務的にちゃっちゃと済ませようと思って、冷徹かつ丁寧な言葉遣いで、現住所をお伺いしたわけです。

「養育費の件で、家裁に申し立てに来てるんですが、現住所がわからないと職場に督促の書類を送られるそうなんですよ、それはそちらもお困りでしょう?」

そしたら、聞き取れないぐらいの早口で、ベラベラっと住所を言うなり、投げつけるように受話器置きやがるんですよ。自宅の電話番号も聞きたかったのに。

住所だけはかろうじて聞き取れたんだけど、やっぱり後でしらべてみると、「せん」と「にせん」を聞き間違えてました。

それにしても、いつもそうなんです。そういう対応。

あ た し が わ る い の ?

って聞いてやりたい!
払ってないの、そっちじゃん!ってさ。
そりゃ、離婚言い出したのは私だけど、んで、私が一方的にわがままで家飛び出したんだけど、でもちゃんと家裁の調停で払うって言ったじゃん、って。しかも、調停員に値切られたし。

払 え よ !

何で普通にしゃべれないんだよ!ってもう、胃がむかむかしてきて。
電話切るときは「失礼します」ぐらい言えるだろうがよ、オトナなんだから。

決意しましたね、あたしゃ。
絶対まとめて全額払わせてやる!
分割なんかさせてやんねぇ!
借金でも何でもして払いやがれってんだ!きぃ!
[PR]
by sei_97 | 2008-05-31 00:01 | つれづれ

順位にこだわって…

これって、「つれづれ」より「学校とか教育とか」のカテゴリの方がいいのかな。

ただ、今ハマってるカラオケが全国採点ランキングできるヤツで、mixiにもそのコミュを作ってくださった方がいて(最近コメント増えてるのは、その方たちなわけですが)、それはそれですごく楽しいんですよ。

でもねでもね。
自分の中の病気の部分があからさまに今日出てきてしまって。

今日は一日、一人でカラオケ行ってたんです。
自分の順位をプリントアウトして(オンラインで見れるけど手間がかかるから)。

とにかく1位をたくさん取りたくて。
大好きな中島みゆきサマの曲だから。
でも、みんなすごくうまくて。

とても手の届かないような点数とってらしたりするわけですよ。

でね、今病気だからだと思うんだけど、すごく不安になってきて、1位取っても、「今月はまだ今日を含めて3日もあるから、今取ってても抜かされるんじゃないか」って。

そんなことはわりと普通にあることなのに、どんどんどんどん不安が高じてきて、何を歌ってもこわいばっかりで楽しくなくなって。

自分で、自分のアホらしさにあきれるんだけど、どうしようもないんですよ。もちろん途中で抗不安剤飲んだりして、でも、なんで「たかがカラオケ」でこんな気分になってるんだ?とかね。「ストレス解消、リハビリのつもりで始めたんじゃないのか?」って自分を責めたりしてるんですよ。

バカだなぁと思って。


そうこうしてるうちに、みゆきさんコミュで知り合った方たちからメールなんか来たりして、ふっと不安が消えていったので、後半はかなり楽しめたんですけどね(苦笑)


偏差値世代だからかなぁ、とか思います。
いつも誰かと自分を比較して、優位に立ちたくて、それができないと思うと不安になったり苦しくなったり。まるで高校生みたいに。まるで受験生みたいに。

勝ち負けに異常にこだわってしまうんですよね。(もちろん、勝手に)
日常でも、職場でも(今は休職中ですけど)。

ちょっとしたことを、勝手に競争のように自分の中で設定して、それに勝つことを目標にして、できたらめちゃくちゃ自分を褒める(心の中で)。裏返しに、できなかったらめちゃくちゃ自分がダメなヤツだと思ってしまう。

これが今の私の病気の根幹なのかもしれないなと。


カラオケぐらい楽しまなきゃねぇ。
何やってるんでしょうねぇ(苦笑)
[PR]
by sei_97 | 2008-05-30 00:35 | つれづれ

図書館つながりで本屋の話

本屋にはよく行きます。
町内に1軒、車で約30分の市街地(小さな)に4軒。
欲しい本が見つからないときにはそれだけは定番として巡ります。

さらに隣の小さな市に1軒。ここは本の並べ方とか選び方とかに少しこだわりが感じられて好きです。

あとは、車で1時間ちょいの少し大きな市にあるヴィレッジ・ヴァンガード。
ここはいいですね。掘り出し物がたくさんあって。
フランチャイズらしいんだけど、各店舗で店長さんの個性が出せるらしくて、ここの店長さんには惹かれるものを感じます。

旅先でも必ず本屋に立ち寄ります。

まずお店全体を散策します。
で、その店と雰囲気が合わなかったり、こだわりが感じられなかったら帰ります。

良い感じのお店は長居します。
2巡目くらいで、平積みと背表紙を見て回ります。
その時、本の方から「連れて帰って~」と声がかかると、胸に抱き留めます。
何も声がかからなかったら、3巡目。
ちょっとゆっくり歩いて、耳をすませます。
小さな声が聞こえたら、その本を手にとって、数ページ読んでみます。そして、気が合えば連れて帰ります。

それが私の本屋の楽しみ方。
だから、本屋の大きさにもよりますが、数時間は潰せます(^o^)

本に埋もれて死ぬのが夢で、
「死んだら柩の中に、菊の花とかじゃなくて私の蔵書を詰め込んで」
と言ったら、
「そんなことしたら重くて持てないし、柩の底が抜ける」
と言われてしまいました。

…本ならよく燃えるし、いいと思ったのに…。
重さは想定してなかった(-_-;)
これはショックでした。
[PR]
by sei_97 | 2008-05-29 00:00 | ことば・本

初体験(///▽///)

市立図書館に初めて行きましたの(///▽///)

カバンは入り口のロッカー(100円入れて鍵かけて、開けたら100円戻ってくるやつ)に入れなきゃいけないのね。盗難防止ね。

目的の本を検索して、分類番号メモって書架に探しにいったんだけど、発見できず、恥ずかしながらカウンターへ。司書さんの手をしばらくわずらわせて、結局、開架じゃなくて書庫にあることが判明。申し訳なかったけど、出してもらって。

ノートパソコン持っていってたので、パソコン使えるブースを教えてもらって、そこで本みたり文章書いたりメモったりして。

何だかねぇ。
高校時代思い出したわ。

図書館の規模は全然ちがうけど、こんな感じだったなぁ、って。
普通の本は私は手元に置いておきたい派なので、借りるつもりはまったくなかったんだけど、図書館って調べ物できるんじゃん、ってことを思い出しました。絶対買わないっていうか、買えないという本を4冊借りてかえりました。

e0099547_0523149.jpg


しかも、高校時代の唯一の友人にばったり会うし♪
今まで中途半端な時間つぶしって、ファミレスばっかりだったけど、いいとこみつけた(って今さらねぇ(笑))
[PR]
by sei_97 | 2008-05-28 00:54 | ことば・本

突然死ぬんだよ

写真見ても全然知らないアナウンサーだったけど(極端に人の顔を覚えられない(^_^;))、つらいなあと思います。

誰にも言えない「何か」を、誰にも言えないがゆえに一人で抱え込んでしまう。

「言えない」のは、それが具体的な何かではないから。具体的なものなら「これこれで悩んでます」って言える。

でも、言うほどのことじゃないと思うことや、コトバにならない何かはどうしようもない。

鳥越さんが嘆いてたけど、仕方ないんだよ。

何年か前、島根の高校演劇(多分全国大会まで上がったかな?)で、顧問脚本で、自殺願望のある高校生にかかわる脳天気な教師を描いたものを観た。その中の、脳天気教師のセリフに「死にたいって言ってるやつは死なない。ほんとに死にたい人間は、死にたいなんて言わない」とかいうのがあった。

その芝居のラストは、とことん脳天気で悩みなんか見せなかったその教師が自殺してしまうというもの。

よく出来た脚本で、ラストを見れば、あああれが伏線、っていうのがたくさんちりばめてあった。でも、その教師が自殺するまで、それはわからなかった。

そういうことなんだろう。

もう少し、社会全体に余裕があれば、ちょっとした雑談やちょっとした遊びの中で解消されてるのかもしれない小さな小さな、形を持たない何か。それが、今こんなにたくさんの人を殺してる。
[PR]
by sei_97 | 2008-05-27 12:32 | つれづれ

仮免ドライブ

日本海を見に行きたかっただけなんだけど、迷いに迷って、なんか風光明媚なところへ(笑)

e0099547_1403832.jpg

ダム湖と噴水。
風は爽やか。鳥も啼いて。

日本海までおそらく、あと30分くらい?
[PR]
by sei_97 | 2008-05-26 14:00 |

この世代か?

さて、どこのカテゴリに入れたらいいかわからないので、とりあえずここに。


今年19歳になる知り合い(笑)が、非常に興味深いことを言ってました。

「私が何かすると、私以外にも2人は同じことをしていると思う」

うー、根拠は何だったっけ(忘れてしまった(苦笑))

とにかく、自分と合わせて3人は同じ考えを持ってて、同じことをしてる、と思うのだ、と。ドッペルゲンガー的な感じなのかなぁ。違った気もするけど。

で、だから、自分がひとつ良いことをすると、どこに居るかわからないけど、だれか他の2人も同じように良いことをしてるはずだ、と言うのです。

これはねぇ。
何かすごいなと思って。

逆に言うと、もちろん悪いことをすれば、見知らぬ他の2人も同じように悪いことをする。自分が誰かを殺そうと考えれば、他の2人も同じことを考える。

ということは、絶対自分は孤独じゃないですよね。
どこにいるかはわからないけど、そしてまったく見知らぬ人なのだろうけれど、自分と同じ考えをもち、同じ行動をしてる人が他に2人もいると思えたら。

自殺なんかしなくて済むじゃないですか。
絶対的な孤独なんてありえないじゃないですか。


これが新しい世代だ!と思ったんです。


生まれた時から消費税は導入されてて、底の見えない不況の中で育って、っていう世代ですよ。と同時に、小さいころから環境問題やエネルギー問題と向き合って育ってきた世代ですよ。


私、ずっと、何か新しいムーブメントを起こすのはこの世代だと思ってたんです。そして、まさにその世代の、その発言と発想。

これがひょっとしたら日本を救ってくれる世代なのか?と思うのです。
それはもちろん、私たちや、それ以前の人たちの尻ぬぐいになってしまうのでしょうけど、それでも自分たちが生き延びるために、行動できる世代なんじゃないかな、と。

バブル知ってる世代はダメですよ。
バブル崩壊直後の混乱期もダメですよ。
どん底からの出発。

すまないねえ。
尻ぬぐいはしなくていいから、生き延びる道を探してください。
どん底世代にしかできない発想で。

なんて思ってしまったのです。
[PR]
by sei_97 | 2008-05-25 23:58 | 教育とか社会とか

オレに近寄るな!(c)太田光

昨日の「太田総理」の「国民の怒り」コーナーの番外。太田光の「怒り」なんだけどね。

要するに、彼はとてもプライベートゾーン(昨日は何か別な語を使ってたぞ)が広い人みたいで、まあ、非常に共感したわけですが。

今日、カラオケ屋にひとりで行きましたの。
11時開店と同時に受付前に列ができますの。
まあ、一列に並んでるわけですが…。
後ろに並んだヤツが、妙に近いの。私に。

「もー、近いよ」

と思って、少し前に詰めたら、そいつも前に詰めてくるの。
たぶん、まったく他意はないんだけど、こっちはプライベートゾーンがめちゃくちゃ広いから(特に後ろ)、もうね。ひぃっ!みたいな。

ぎりぎり限界で、前が50センチ、後ろは1メートルかなぁ。
そこより中に入ってこられると息苦しい。


知り合いと立ち話なんかしてると、たぶん、客観的に見ると面白いことになってると思う。
知り合いだから、あからさまに後ろにさがるのも悪いし、ってんで、斜め横とかに少しずれるんですよ。

 ○ ● (○知り合い ●ワタシ)

  ↓

 ○
   ●

  ↓

  ○
   ●

  ↓

  ○
  
  ●

  ↓

  ○
  ●

  ↓

  ○



 …てな感じで、ゆっくりと、ワタシ、衛星みたいに知り合いの周りを回ってるというような…。
時々は逆向きに回ってみたり…。

とにかく、近いのは苦痛なのです。

集合写真なんか、大抵斜めに傾いてるしね、私だけ(笑)
[PR]
by sei_97 | 2008-05-24 21:41 | つれづれ

う…生まれる~!

この裂け目からは間違いなく出て来るっ!

e0099547_13263448.jpg



何が?

…キャベツ太郎かなぁ??

e0099547_13263468.jpg

[PR]
by sei_97 | 2008-05-23 13:26 | 季節

やる前に挫折www

漢字検定1級の申し込み締め切り…昨日でしたorz

第2回は遅れずに申し込みます。あああ。

でも、そのかわり(かわり?)某誌の評論賞に応募すべく文章を書こうかなと…(まだ書いてないけど)

あああ。

だめかも、私(-_-;)

いや、でもがんばってみるぞ。


…それにしてもふと目を上げたらPCの上の棚に「漢検5/21〆」と書いたメモ…。

なんで今日22日やねん(泣)
[PR]
by sei_97 | 2008-05-23 00:30 | つれづれ