<   2008年 08月 ( 57 )   > この月の画像一覧

すしケーキ

ばあちゃん(ウチの母)の誕生日が8月16日で、ちょうど私も娘も外泊だったので、気の毒に、淋しい誕生日だったんですよ。

で、今日来たガキども(おっと、えー…子どもたち)に、その話をして、

「夕飯に『すしケーキ』作ってあげて、ちょっと遅れたけどお誕生日のお祝いをしてあげようと思うんだけど?」

と持ちかけました。

スポンジケーキの丸型があるので、それを見せて、すし飯を2段重ねにして、ケーキみたいに飾り付けをしよう、と話し、デザインを考えてもらいました。

画用紙に、色鉛筆でデザインを描いて、夕方から作り始めました。

下の段には、肉そぼろと桜でんぶをサンド。
サイドには、味付けのりを貼るというのが原案だったんだけど、味付けのりを切らしてたので、寿司のりを好きな形に切って貼ることにしました。
e0099547_0342823.jpg


それから、上の段。
鮭フレークを敷き詰めるのが原案だったけど、なかったので、炒り卵を敷き詰めました。
(炒り卵を作ったのはウチの娘)
e0099547_037046.jpg


その上に、オクラ(切り口が星形だから、だそうで)と、イクラ(色がきれいで宝石みたいだから)を飾り付けます。
e0099547_03811100.jpg


そして、マグロの刺身を花のように丸めて乗せて、そのすき間に鯛とブリの刺身を乗せて、桜でんぶの残りを彩りに振りかけて出来上がり♪
e0099547_0392055.jpg


得意そうな二人です(笑)
e0099547_040367.jpg


まるで「探偵ナイトスクープ」みたいなノリでやっちゃいました(笑)
楽しかった。
しかも、4合全部使ったのに、じじばばと私と娘と子ども2人で完食!これはすごい(苦笑)

そして、疲れ果ててぐっすり眠っております。
e0099547_0413215.jpg


うん。
子どもは寝てるときが一番かわいいな。
ぶさいくな子どもでも(爆)
[PR]
by sei_97 | 2008-08-21 00:43 | つれづれ

じゆうけんきゅう

弟その2の子どもが二人お泊まりに来てます。

夏休みの自由研究をしなきゃいけないとか。
小学校2年生の甥っ子は「鉄ちゃん」なので即座に「乗ったことある電車を調べる!」と、パソコンの前に陣取って、JRのサイト見ながら大興奮(笑)

まあ、プリントアウトして、乗った時の感想でも書いて綴じれば完成でしょう(^∇^;)

問題は小学校1年生の姪っ子。

「人の一番最初はどうやって生まれたん?」

ここから自由研究にとりかかるのか?(^_^;)

「かのんはどうやって生まれたん?」

「ママから生まれた」

「パパは?」

「パパはおらんでも生まれたんよ」

「…じゃあ、ママはどうやって生まれたん?」

「ママのママから」

「じゃあ、じいじは?」

「うーん…おらんでもいいんかなあ?」

……(^_^;)

世のお父さんすべてを泣かす発言(笑)

「パパとママがいなきゃ生まれないんだよ」

「へー!そうなん!?」(半信半疑(笑))


とりあえず、それを前提に、ずっと最初を想像させる。

「最初は、卵じゃ思うんよ」

「ほぉ」

「卵が2個あって、パパとママになったか、1個の卵の中にパパとママが入ってたんじゃないかなあ」


ううう…深遠な話になってきた(^_^;)

これをいかにして「自由研究」に持っていくか…(^_^;)

午後から図書館かな。

おもろいなあ、子ども。
[PR]
by sei_97 | 2008-08-20 12:00 | つれづれ

スポーツマンのつよさ

スポーツマンもスポーツウーマンも。

テレビで、土佐礼子が帰国したと報じてた。外反母趾の悪化で棄権なんて、すごく落ち込んで帰って来たかなと思ったら、笑顔だった。「早く治してがんばります」って。

びっくりした。

で、10年ぐらい前、高校野球の決勝か何かで、延長戦だったんかな。満塁で、ピッチャーがボーク取られて、押し出し決勝点取られちゃったのよ。マウンドで泣き崩れるピッチャー。

野球やってた同僚に「あのピッチャー、自殺せんやろか」って心配になって聞いたら、「そんなことぐらいで自殺するようなヤワな奴は野球できんよ」と、軽く返された。

びっくりした。
それを思い出した。

男子体操の19歳のなんとかいう子も、あんな大きな失敗して、団体成績落として、でも個人で銀メダル取って…。

私だったら、冨田に申し訳なくて、萎縮しちゃうし、ホントに自殺考えちゃうと思う。

土佐の立場でも、そのピッチャーの立場でも。

つよいなあって思う。

上地クンが睡眠時間2時間でもいつも笑顔で、ブログもしょっちゅう更新して、ほとんど愚痴もこぼさなくて。それもやっぱり彼がスポーツマンだったからかなと思ったり。

スポーツ大嫌いな私には想像もできないつよさ。
[PR]
by sei_97 | 2008-08-19 18:46 | つれづれ

リアルがこわい

ネットで知り合う人たちがやさしくて、そこにどっぷり浸かった日々が続いてて、

カラオケは基本ヒトカラで。

それでも画面の向こうには知ってる名前の人がいっぱいいて。



リアルが怖くなってる気がする。

リアルでの付き合いで誘われると、軽く「行く」って言えなくなってる気がする。



これは甘えかもしれない。

現実逃避にどっぷり浸ってると、そこはぬるま湯だから出るのがイヤになるのかもしれない。



土曜日に、昔の知り合いたちが飲み会しようって誘ってくれた。
メールで。
そして電話で。

「90%行く気になってるから(^o^)」

って電話切ったけど、ホントは40%ぐらい。

嫌いな人たちじゃない。
むしろ愛すべき人たち。
行けばきっと安らぐ。

でも怖い。
何がかはわからない。
私の仕事にかかわってる人たちだからかもしれない。
たぶんそう。

行けばきっと何かが吹っ切れる。
そうおもうんだけど…。


とりあえず今日は寝よう。
明日また考えよう。
O型だからね♪
[PR]
by sei_97 | 2008-08-18 23:55 | ネット

時代先取り!

e0099547_13451235.jpg

もう随分まえから存在してたのに、DAIGOくんが出て来るまでは気付きもしなかったスよ(笑)

そーっスねー
いってみればぁ、時代先取りってゆーんスかねー
ガチ、やってくれてんじゃんて感じっスかねー
ウィッシュ!
[PR]
by sei_97 | 2008-08-18 13:45 | つれづれ

五輪ピック

やっぱ、時差1時間てのはいいわぁ(笑)

遠い国でやってると、全部録画で、結果も既にわかっちゃってて、つまんない。

リアルタイムで中継見ながら、ハラハラどきどきしながら見られるっていいね(^_^)

ただ、昨夜のハンマー投げと「篤姫」がほぼ同時ってのはキツかった(^_^;)

チャンネルあっち変えたりこっち変えたり…。しまいにゃ混乱してしまって、

「室伏が篤姫投げて80メートル越えたけど、薩摩には帰らない決心して腰痛が響いてるらしく和宮が許婚と別れて最終5位だったよね」

みたいな(^_^;)

体操が好きで(特に床。特撮ヒーローみたいなんだもん(笑))、冨田の「うつくしい体操」ってポリシーには共感しまくり。メダルは取れなかったけど、彼のあん馬のうつくしさにうっとり(*^_^*)

今日の鉄棒も楽しみだわ♪

自分が運動音痴な分、見るのは大好きさ(^∇^)
[PR]
by sei_97 | 2008-08-18 10:33 | つれづれ

この縁はありやなしや

TLはみゆきサマの曲「縁」。

JOY SOUNDの「うたスキ」で知り合った人が、ウチの短歌結社に入ってくれることになりました。すごく不思議で、すごく嬉しい。

ウチの結社の基本理念は

「生の意義を探る」

そして、ウチの結社を立ち上げた香川進(故人)の理念を忠実に受け継ごうとしてるのがウチの師匠。

何度も書いた気がするけど、師匠は巫女体質だから、人の短歌を数首読んだだけで、性格とか、今どんな心理状態なのかとか、いろんなことを読み取ってしまう。ヘタな占い師より確実かも(笑)

私の彼は、

「あなたは体はそんなにがっちりしてるのに『ノミの心臓』の持ち主ね」

と言い当てられてびっくり(笑)

(私が何て言われたかは書かない卑怯者(爆))

今回入ってくれた人には、

「あなたよく社会人やってこれてるわねぇ、こんな少年のような心もちながら」って。


初対面で、20首ばかりの短歌読んだだけで、そこまで言えちゃうってホントにすごいなと思うんです。


ノミの心臓の彼は、新人さんの入会で

「ガゼンやる気が出てきた!…努力はしないけど」

とわけのわからない発言をしてました(笑)


それにしても、不思議なご縁だと思います。
カラオケで知り合って、短歌みたいなマイナーな表現活動に興味持ってくれて、同じ志をもつなかまになってくれるなんて。


縁あるひと 万里の道を越えてひきあうもの
縁なきひと 顔を合わせ すべもなくすれ違う


これは恋の歌だけど、いろんな場面に通用する詞だな、と実感してます。
[PR]
by sei_97 | 2008-08-18 00:02 | ネット

危機一髪(^_^;)

昨日、「ララバイSINGER」とか書いてUPしたのが10時半。

終点到着時刻は10時41分。

目覚めたのは10時50分。


うっすら意識が戻って目を開けて見ると、明らかに街の駅の光景。
駅名を確認しようにもプレートが見当たらない。

気付くと、隣りとその正面に座ってイチャイチャしてたカップルがいない(4人がけボックス席です)。

かわりに、おばちゃんが斜め前の席に!

「あ…の、ここ広島駅ですか?」

「そうですよ」

「じゃあ、この電車、折り返しですか?」

「そうですよ」

…!
ヤバい!
早く降りなきゃ強制送還じゃん!

大慌てで下車しました(^_^;)

あぶなかった。
もう少し寝てたら、折り返しで発車して…すると途中で目が覚めても、見えるのは田舎の駅だから「まだ着かないわ」なんて眠ってしまって、ちゃんと覚醒した時に「ひょっとしてこれ、逆向きに走ってる?」なんて。

慌てて下車しても、そうそう反対行きの電車が来るわけでなく(恐らくその電車が、また折り返す(^_^;))…。

いつまでも広島につかないところでした(大汗)
[PR]
by sei_97 | 2008-08-17 17:33 | つれづれ

ララバイzzz

この夏2度目の、ローカル線約2時間の旅。

もちろん、みゆきさんの「歌旅」聴きながら。


と、ここまではOKだっ!


何故眠る?

前回に続き「歌旅」聴きながらの熟睡…。

このままでは、みゆきさんが、まさに「ララバイSINGER」になってしまう。車で聴けない!ヤバい!

…でも眠いzzz
[PR]
by sei_97 | 2008-08-16 10:30 | つれづれ

それはないわ~(^^;

ウチの彼氏が昨日高校時代のOB会に行ってまして、解散が今朝(深夜)の2時半頃。

OB会があった街からの帰り道は、火葬場のある深い谷をぐにゃぐにゃと登らなくてはいけません(もちろん車)。

いろいろなコワイ伝説のある谷で、

夜中に通ると、火葬場の前の電話ボックスに灯りがついてる時がある。

とか、

その電話ボックスから呼ばれてタクシーが行くと女が乗ってきて、しばらく走ると女がバックミラーから消えてて、座席がしっとりと濡れてる。

とか、

前の車のテールランプについていくと、その先はカーブになってて谷に落ちてしまう。

とか、

女の人の声で「左に曲がって!」って聞こえて、ついハンドルを切ると谷に落ちる。

とか。



まあ、そこをビビリんちょの彼が一人で、深夜3時ごろ車で走ってたらしいんですわ。
何か音がないとコワイのでFMラジオつけて。


東京FMがキー局になってる番組をやってたらしく、恐怖と闘いながら、ラジオを必死で聴きつつ運転…と、「夜明けの中島みゆき」かなんかいうコーナーがあったらしい。

「ほほぉ」

と思いながら聴いてると、かかった曲が『4・2・3』(爆)

いや、笑っちゃいけないんだけど、何もよりによって、そんな怖いシチュエーションで「4・2・3」がかからなくても…(苦笑)

ラジオを切ると、静寂が怖い。
でもラジオから流れるのは「4・2・3」

結構、究極の選択だよね、これって(爆)

しかもDJさん曰く、いつもは1コーラスだけなんだけど、この曲は全部流さないと意味が通じないからフルコーラス流しました、と。この曲をこの時間にフルコーラス流す自分も結構勇気あるよね、みたいな話だったそうで。

「この曲をこの時間にフルコーラス聴きながら、怪談だらけの谷を一人で走る自分も勇気あるわい」

と彼は思ったそうです。

以上(笑)
[PR]
by sei_97 | 2008-08-15 23:09 | みゆきサマ・カラオケ